斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

神様は神社のどこにいるのですか?

      2016/03/13

今回は神様に関する質問についてです。
斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

ただ、内容的に個人が特定されてしまう場合には
質問の内容を少し変えたアレンジした状態で掲載しております。
そして今回の質問です。

<質問>
神様は神社のどこにいるのですか?

<回答>

神様といって、日本人に身近な神様と言えば
神社にいる神様ですよね。

日本の神社は神道で、神道の場合は一神教ではないので
神社によって祀られている神様は違うのですが
実はどの神社にも置いてある共通の物があります。

それは『鏡』です。

神社だけならず、神棚にも『鏡』はありますよね。

神棚

実はこれには意味があるのです。

神社の祭壇や神棚の前に立つと
『鏡』があるので『自分』が映ります。

つまり映った自分の姿が『神』なのですが
『カガミ』から『ガ(我)』を抜くと『カミ』になりますよね。
つまり、映った自分の姿から『我』を抜いたのが神なんです。

人は神様と一体であるのですが
「私だけ」とか「自分は」とか
「我」を主張することによって
本来の神様の姿とは離れていくんですね。

「我」を主張する人って、周りから見ても嫌ですよね。
それは神とかけ離れた姿だからなのです。

逆に、「我」を主張せずに「人のためにつくす」をやっている人は
周りから見ても美しいですよね。
それは、神の本来の姿だからです。

神の本来の姿に近づきたいと思うのでしたら
まずは、「我」をとることが一番に最初に
行うことになります。

==========

神社にある鏡を覗くと神様が見えることになっている。

「かがみ」というのは真ん中に『が』がある。
『が』というのは「我」。
我をちょっと取り除く。
我を取り除くと、私の後には親がいる。
親の向こうにはまた親がいる。
ずっとたどっていくと、天照大神に行き着く。
そのうしろへさらに行くと、伊邪那岐さんと伊邪那美さんに行き着く。
それが日本人の先祖。

『普通はつらいよ』
==========

 - 神様