斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

本日は二十四節気の『雨水』、ひな人形を飾る日ですね

   

本日は二十四節気の『雨水』ですね。

雨水とは、二十四節気の2番目で、空から降る雪が雨に替わり、
積もった雪も少しずつ融け始める時期と言われています。

立春以降に吹く強い南風『春一番』が吹くのも、
この『雨水』の頃と言われています。

昔から、農業の準備を始める目安とされてきましたが
女性にとって重要な風習としては、
お雛様を飾るのに良い日とされているが
この『雨水』です。

『雨水』にひな人形を飾ると良縁に恵まれると言われ
三月三日のひな祭りが終わったらすぐにひな人形をしまうと
行き遅れがないと言われています。

ひな人形

実際にどうなのというお話ですが
一人さんがこう言っています。

========================
マナーを守るあなたは 素敵な人ですよ

どんなことにも、マナーがあります。

マナーを守っているだけで、美しく見えます。

「ゴミを平気で道路に捨ててしまう人」より、「人の捨てたゴミをひろってゴミ箱に入れる、誰が見てもマナーのある人」のほうが美しいですよね。

そういう人に、世間も神様も味方するものですよね。

========================

今回のお話ははマナーではないのですが
古くから伝わるしきたりですよね。

これをやったからと言って、特別何かあるわけではないんですが
特別何かあるわけでもないようなしきたりを守れるような人は
キチッとした正格であるということです。

そういった、キチッとした正格の人に育てられた娘は
キチッとしている。
ですから、風習やしきたりを守っている家族の娘は
婚期が遅れる事がなく
良縁に恵まれるということなんですね。

 - 婚活