斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

振動数をあげる

      2018/02/06

についての質問です
斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

質問
何をやっても気分がのらないんです。

回答

一人さんはこう言っています。

==========
振動数は自分で変えることもできますが、人の影響も受けることもあります。

「朱に交われば赤くなる」といいますが、人間に関わる環境に
良くも悪くも大きな影響を受けます。

それを含めて、私たちは自分の振動数を高めて良いものを
引き寄せるためにも、良い人間関係を選び、
良い考え方をしていく必要があります。

「百発百中」より
========
一人さんは「振動数をあげる」と言っています。

「ワクワクすること」「楽しいこと」「圧をあげる」などを行うと
振動数があがると言っています。

逆に「怒られた」とか「身内に不幸があった」など
理由は何にしても、「落ち込む」という行為は
振動数が下がる行為でもあります。

嫌なことがあって落ち込んでも、その嫌なことが解消されるわけではありません。
それどころか、落ち込むことによって、ただ心配をかけるだけで
何もよいことはありません。

そして、成功する人というのは、「他人の振動数を上げる人」だと言っています。

他人の振動数を上げるというのは
「褒める」という行為が、振動数を上げるのだそうです。

褒める他にも、常に上機嫌であったり、笑顔で人の話を聞いてあげたり
他人の喜ぶ行為をしてあげることが、「他人の振動数をあげる」ことなのだそうです。

結局のところ、他人の喜ばせることができる人間のもとには人が寄ってきます。
人が寄って来るところには、仕事やお金が集まってきますので
振動数をあげて他人を喜ばせてあげる人は、成功する人でもあるのです。

「他人を喜ばせることのできる人が成功できる人」というところは
原則として変わらないのですが、表現の仕方として、
「振動数」という言葉を使っているのです。

自分の振動数をあげて、他人の振動数をあげることというのは、
要は「天国言葉」(愛してます,ついてる,うれしい,楽しい
感謝してます,しあわせ,ありがとう,ゆるします)を
常に使用していたり、他人にも天国言葉を投げかけたりしていることと
同じことなんですね。

逆に「地獄言葉」(恐れている,ついてない,不平不満,愚痴・泣き言
悪口・文句,心配事,ゆるせない)を常に使っている人は
振動数を下げているのです。

つまり究極のところは、「天国言葉」を使っている人が
成功する人なんですので、積極的に「天国言葉」を使っていきたいですよね。

────────────────────────────
▼斎藤一人さんの考えでのお勉強をすることができます。
『生成発展塾in九段下』
────────────────────────────
斎藤一人さんファンのあつまる都会のオアシス『ひらめきサロン九段下公式HP』
────────────────────────────
銀座まるかん ショッピングカート
────────────────────────────
ブログ『みやみやの引き寄せ日記』
────────────────────────────
メルマガ『斎藤一人さんの言葉を実践して一緒に億万長者を目指しましょう』
────────────────────────────
ダイエットモニター募集中
────────────────────────────
ダイエットぐるっぽ
────────────────────────────

 - 一人論