斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

自殺は寿命?

   

一人さんは、自殺についてこう言っています。

========================
自殺しちゃう人がね、年間で3万人くらいいるんです。
テレビつけるとよく、テロとかやってるんですけど、交通事故で死ぬ人が1万人くらいいるんですよね。
日本ってね。
世界中のテロを全部合わせても日本の自殺者の方が多いんですよ。
テロで3万人も死ぬってことはないんです。

それで、きっと人って、いろんなことで悩んでいるんだと思うんです。
私も本当は悩みがあるんです。
だけど、私の場合は考え事するのが好きだから、こうやって考えたら幸せになっちゃうよ、とか。
こう言ったら幸せになっちゃうよ、って幸せの方に幸せの方に、考えるようにしてるんです。

いつも言うんですけど、人は幸せになるのは権利じゃない義務なんだって。

CD『いじめも自殺も無い世界へ』
========================

しかし、一人さんは、自殺は寿命だと言っております。
逆に、寿命がもっと長いのでしたら、
何かのきっかけで、自殺が防がれて自殺未遂になるのですが
自殺して、自殺ができてしまうということは、
そこまでの寿命なんですね。

人は産まれてくるときに、魂の修行内容や
どうやって死ぬのかは決めてきます。

自殺をする方は、自殺をしたくなるほど辛いことを
自殺をせずに乗り越えられるかという修行でこの世に産まれてくるのですが
結局、乗り越えられずに、自殺をしてしまったんですね。

では、死ぬ時が決まっているのでしたら
運命は変えられないのかといえば、
そんなことはありません。

生まれてくるときに、魂の修行内容と
どうやって死ぬのかを決めてくるのですが、
死ぬ予定よりも数段早く、魂の修行が終了してしまったとします。
そうすると、今世でやる予定ではなかった次の修行に移るのです。
その分、寿命も伸びるのです。
ですから、大きな事故に巻き込まれても
奇跡的に助かる人って、そうゆう人が多いんですね。

 - 一人論