斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

親子同じ病気になるのは、ほとんどが生活習慣

   

斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

質問

親が癌になりました。
遺伝しますか?

回答

一人さんはこう言っています。

——————————————————–
親が病気になるのはね、子供にいろいろ教えたいからなんだよ
——————————————————–

※要旨

・親が肺炎で亡くなった時には、「うちの家系は肺が弱いので健康に気をつけろ」のメッセージ

・悲しいことでも、奥にはいろいろな教えがある。

・メッセージだと思って受け取ると愛を感じる

・嫌なこともあるけど、よりよく受け取らないといけない

斎藤一人著『一日一語 斎藤一人 三六六のメッセージ』より

——————————————————–

親子で同じ病気になると、『遺伝』って思われがちですが
実は遺伝によるものってそんなに多くないのです。

そもそも、なぜ病気になるのかと言えば
生活習慣のゆがみから病気になることがほとんどなのです。

暴飲暴食、食べ物、食べ方、不眠、姿勢
などなどです。

本来、規則正しい生活というのが、体にとって負担のかからないものですが
日常生活が、体に負担のかからない規則からずれていくことによって
体内や臓器に負担がかかり、最終的には病気になるのです。

親子で同じ病気にかかるというのは、
生活習慣や食習慣が同じ、もしくは似ている事が
原因になることが多いようです。

よく、「癌で亡くなる家系」とかいう人がいますが
本当に癌で亡くなる家系でしたら、その家系は滅んでいるはずなのです。

しかし、滅んでないというのは、癌の家系とは言いつつも
癌になる人と、ならない人がいるからなんです。
なぜ、癌の家系なのに癌にならなかったのかと言えば
生活習慣や食習慣が違ったんでしょうね。

────────────────────────────
▼斎藤一人さんの考えでのお勉強をすることができます。
『生成発展塾in九段下』
────────────────────────────
斎藤一人さんの言葉から学ぶビジネス成功術セミナー
────────────────────────────
斎藤一人さんファンのあつまる都会のオアシス『ひらめきサロン九段下公式HP』
────────────────────────────
銀座まるかん ショッピングカート
────────────────────────────
ブログ『みやみやの引き寄せ日記』
────────────────────────────
引き寄せモニター募集中!!
────────────────────────────
メルマガ『斎藤一人さんの言葉を実践して一緒に億万長者を目指しましょう』
────────────────────────────
ダイエットモニター募集中
────────────────────────────
ダイエットぐるっぽ
────────────────────────────

 - 未分類