斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

自分が嫌な客にならないこと

   

一人さんがこう言っています。

========================
よく、ひとりさんの本で命救われましたって人いるの。
そういう人に、こうやっていうの。

だったら、うちのクリームか健康食品飲みな、って。
別にあんたが飲んだからって、飛躍的に改善するとか思ってないよ、って。

だけど、サントリーの社長に助けられたって話ながら、
キリンビールで乾杯してるやつはおかしいんだよ?
よその化粧品会社の社長に世話んなった人は、そこの人の使いなって。
それがスジなんだよ。

この世の中には歴然とした筋道っていうのがあるんだよ。
いまさらスジとかはんぺんの話ですか?っていうと、
スジとかはんぺんの話なんだよ(笑)

だけど、それって大切なんだよ。
いいかい?
自分が若い頃お金がなくてさ、
定食屋いったらそこのおばちゃんがコロッケくれたとか。
ご飯、普通の人よりちょっと多くしてくれたとか、ってことがあったら、
自分が大会社の社長になろうが総理大臣になろうが、
そこの町いったらそこ行って、コロッケ喰うの。
かかるかい?

CD『今まで語れなかった、俺の成功法則』
========================

一人さんは、「自分がお世話になった場所で商品を買うの」と言っています。

お世話下側からすると、自分がお世話をしているのに
自分のところで商品を買ってくれなかったら、
そのお客さんはいいお客さんですか?

それって、お世話をした側からみると
いいお客さんではないんです。

言い方が悪いですが、それは嫌なお客さんなんです。

今度は、自分が誰かの店に行ったときに
自分が嫌なお客さんになっていませんか?

自分が商売をしていくときに、
いいお客さんに来てほしいですよね。

しかし、いいお客さんに来てほしいと言っておきながら
自分が人のお店に行って、嫌なお客さんをやっていたら、
自分の店にはいいお客さんは来ないのです。

自分が嫌なお客さんの時には、嫌なお客さんの波動を出しているので
結局自分の店に来るお客さんは、嫌なお客さんが集まってくるのです。

逆に、自分が人の店に言って、いいお客さんの場合には、
自分の商売にもいいお客さんが来るのです。
ですから、人の店に行った時には、
自分がいいお客さんか、嫌なお客さんかを
考えながら行動するのがいいんですね。

例えば、食品を販売しているコーナーに行って、
買う気もないのに、試食ばかり食べているとか・・・

商品を買う気もないのにサンプルをもらったりとか・・・

人の店に行ってお客さんを横取りしたりとか・・・

このようなおかしなことをやっている人で
事業で成功している人って
あまり見たことはないですよね。

自分が「いいお客さん」かどうかを心がけながら、
日常生活で、いろいろなお店に入ってみるだけで
全然違うとは思いますよ。

 - 仕事