斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

「よくトラブルに巻き込まれるんです」という相談を受けました

   

先日、「よくトラブルに巻き込まれるんです」という相談を受けました。

しかし、「トラブル」という考え方が、「トラブル」を引き寄せているのです。

一人さんがこう言っています。
========================
ホントに困ったことって起きないんです。

たまに困ってる人がいるんですけど、
困ってるんじゃないんです。

学んでるんです。

人間っていうのは、本当に、困んないと、学ばないんです。
だから、困ってから学んでも遅くないんです。

親は子供のに困らせたくないから、あれも覚えなさい、これも覚えなさい
っていうけど、
本当は、困ってから学んでも遅くないんです。

人は個性がいっぱいあるから、何に困るかわからない。

だから困ってから……、
たとえば、落ちぶれたときにはじめて
お金のありがみが、わかるんです。

お金のありがたみを、いくら親が教ても、わからないんです。

「お金より友情の方が大切だ」とかって、いう人いるんだけど、
別にお金があったって友情は出来るんだよね?

私も、学校の先生がね、
「斎藤お前、英語ぐらい出来ないと困るぞ」つったけど、
私、未だに困ってないから、英語は勉強しないんです。

ただ、ガイジンの彼女でもできたらぁ、それはまた……(笑)

人間困ればねぇ、
話が通じなければ困るから、なんか勉強しますよね?

人間っていうのは、
困ってるって思うと、相手がかわいそうですから、

あ、この人はいま一生懸命学んでるんだな
って、そういふうに見てあげて欲しいんです。

CD『困ったことは起こらない!』
========================

つまり、困っているのではなく、学んでいるのです。

ひとつの出来事でも、「困った」とみるか「学んだ」とみるかによって
大きく違います。

「困った」「困った」と言っていると
「困った事象」を引き寄せてくるんです。

「困った事象」が発生した時に、いかに
「学んでいるんだ」ととらえられるかによって
全然見方が変わるのです。

実際にあった相談で、このようなお話しをすると
「難しいです」と言われていました。

それは難しいと思います。

簡単なことでしたら、誰でもできます。
誰でもできないような難しいことですから、価値があるのです。
価値あることをやるから人生を変えられるのです。

「困った」ことがあったときに、「困ったとおもってはダメ、学んだにしないと」と
思っただけでも進歩です。

それを繰り返していくうちに、徐々に「困った」を
「学んでいる」に切り替えることができるようになっていくのです。

 - 幸せ