斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

食道がんの人の考え方

   

一人さんは、健康は、「栄養と考え方だよ」と言っています。
いくら栄養をとっていても、考え方で病気になったりもするんですね。
例えば、わかりやすい例で、「子供が学校に行きたくなくなるとお腹痛くなる」
まさしくこれですね。

このような事って大人でもありうるんですね。

いろいろな知識や、いろいろな考えをもっているから
それが病気としてあらわれることがあるんですね。

今回は食道がんの考え方です。

一人さんがこんなことを言っていたことがあります。

========================
食道を悪くする人がいる。
これも、思い当たらなかったら違うからね。
でも、思い当たることがあるかもわかんないよね。

頑固な人が、ガンになる。
がんばり過ぎな人が、ガンになる。
っていう話したけど、食道を患う人って、ものすごく食べ物にうるさい人です。
どこの何じゃなけりゃ食わない、ここのあれじゃないとどうだとか、食べ物に感謝しないで、こんなマズイもの食えないとか。
こんなマズイものだろうがなんだろうが、生き物だよ。食べれる物って生きてる物だからね。
蕎麦だってなんだって、生きてたんだからね。

それで、食べ物にうるさい上に頑固だと、食道ガンになる可能性があるし、もしなっちゃったんだったら、そういうこと思いあたらないですかっていうと、思い当たる人が多々いるよね。

だから、それをやめたほうがいいよね、って。
そいうのやめましょう、って話ね。

CD『誰でも知りたい病気を治す考え方』
========================

そこで栄養です。

『未来の青汁パ二ウツ元気』は、脳に栄養を与えるということを基本にした健康食品です。

人の体はすべて、脳からの信号によって動いています。

そこで脳から正しい指令を出せるように脳に栄養を与えるサプリメントが
この、『未来の青汁パ二ウツ元気』なのです。

正しい栄養が脳に届いていないことによって
頭痛などが発生したりします。

 - 未分類