斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

インターネットは魔法の杖ではない

   

========================
ここんとこへ来て、あの~、前から言ってんだけど、
インターネット、大社長なんでやんないんですか?っていうと、
嫌いなんだとかって、言ってたんだけど、
嫌いとかって意味じゃなくてなくてね。

今、アメリカが株が大暴落してんですよ。
で、なんで大暴落するかっていうと、インターネットっていうのは、
いろいろやっても最終的には電話の代わりぐらいしかならないんですよ。
それは、どうかっていうと、インターネットをやることによって、
ものすごい時代が来るように思ったって、そんなものは来っこないんです。

CD『ひとりさんのひとりごと インターネット』
========================

これからビジネスを始める人にとって、インターネットのことを
魔法の杖と勘違いしている人って多いんですよね。

「インターネットをやれば売り上げが上がる」
「ホームページを作ればお客さんが増える」

しかし、インターネットとはそうゆうものではないんです。

例えば、連絡手段っていくつかありますよね。
・電話
・FAX
・手紙
・メール

そして
・ホームページの問い合わせフォーム

ホームページの申し込みフォームというのは
沢山手段がある中での一つでしかないんですよね。

例えば、
・急いでいる場合には電話
・紙に残したい急ぎの内容であればFAX
・いくつか書類を一緒に送付したければ手紙
・急ぎの文章を送りたい場合にはメール

そして、
・ホームページに訪れた人が簡単に連絡取れるのがホームページの問い合わせフォームです。

つまり、インターネットというのは、
数ある手段の中の一つに過ぎないのです。

それぞれの手段の中でも得て不得手のものはあります。
そのときそのときの状況に応じて
使い分けていかないといけないのです。

ですから、急いでいるときの連絡手段は電話が一番いいのであって
急いでいるときにホームページのフォームから連絡を取っていたのでは
相手がいつみてくれるかわかりませんので、急いでいるときに
ホームページのフォームで連絡を取るのはよくありません。

このように、いろいろある手段の得手不得手を理解して
一番効率のよい方法を選択するのです。
その際に、一番効率がいいのがインターネットであれば
インターネットを利用すればいいのです。

つまり、インターネットは手段の一つでしかないということを知ることが重要であり
自分がこれから行うビジネスで、本当にインターネットが必要なのかどうかを
判断する必要があります。

起業する人が皆ブログを書いているからと言って
真似して書いてもうまくいきません。
ブログを書くのであれば、本当にブログを書くことによって
集客につながるのかを考えた上で書いたほうがいいと思います。

つまり、インターネットを使うことが手段として妥当なのかどうかというところで
判断をされるのが、インターネットを効率よく使えるコツでもあるのです。

 - 仕事