斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

圧をあげる

   

まるかんでは、圧をあげるという言い方をします。

========================
圧の高いところにエネルギーが集まって来ます。

そして圧の高い人に、周りも味方したくなるのです。

例えば、会社に行って上司に怒鳴られたら、しゅんとなりますよね。

それは相手の圧の高さにやられて、エネルギーを奪われているのです。

けれど、何を言われても「がんばります!」

会社に入ったら「おはようございます!」

そうやって大きな声で言えるだけで圧が高くなり、エネルギーをどんどん集めることができるのです。

オリンピックに出る選手と言ったら世界トップクラスなので、実力も練習量も、大差ないのかもしれません。

けれど本番ですべてを出し切れる選手と、空気に飲まれてしまったり、緊張しすぎたりして、出しきれない選手。

その差はもしかしたら、本番の“圧”の高さにあるのかもしれません。

そこで“圧”を上げるカンタンな方法。

それは「圧!圧!圧!圧!」と声に出して言うことです(笑)

大きな声で、40回くらい言ってみてください。元気がみなぎってきます!

大きな声が出せないところでは、自分の声を録音したものを聞いてもいいと思うんです。

そのくらいこの圧40連発には、エネルギーを集める効果があります。

『ひとりさんの質問コーナー』より
========================

この圧というのは、わかりやすく言うとテンションですね。

圧の高い芸能人でわかりやすいのは、『松岡修造』です。

例えば、商品を売る時のことを考えてください。

商品を売る際に、成分をベラベラと話すよりも
松岡修造さんが熱く「この商品はすごいんだよ」と言ったほうが
商品は売れるんですね。

圧が高いということは、人の心を動かす力があるんですね。

例えば、街頭で商品を勧められて、つい買ってしまった。
後で、なんで買ってしまったんだろうと後悔することはありますよね
そんな経験がある方は思い出してください。

その店員は圧が高くなかったですか?

たぶん、その店員は圧が高かったかと思います。

圧が高いということは、情熱が入っているのです。
人は、その情熱に心が動かされるのです。

圧を高くするということは、情熱を感じさせることができるんですね。

その商品にtくぃする情熱
お客様に対しての情熱

様々な情熱がありますが、圧が高いということは
その情熱を垣間見ることができますので
人の心を動かしやすいんですね

 - 仕事