斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

商品に惚れこむこと

   

今回は仕事についての質問です
斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

質問

営業をやっていますが、商品が中々売れません
どうすればよいでしょうか?

販売

<写真>

回答

一人さんは、その商品に惚れこむことを勧めています。

==========
天命にのっとって仕事をしていると、楽しくてしょうがない。

たとえば、ここに時計があるとします。

私はこの時計に惚れ込んだ。

そうすると、この時計の話がしたくてしかたがない。

1個も売れなくていいから、とにかく自分が惚れ込んだ時計の話を聞いてもらいたいと。

それで、ずっとこの時計の話をしていると、奇跡が起きるんです。

100人に話すと、100人が買ってくれる。

買わなかった人がいても、その人は友だちを連れて帰ってくる。

つまり、200パーセント買ってくれるんです。

ところが、相手の顔色を見ながら、

『これ、この人買うかなあ、買わないかなあ』

って思いながらやっていると、奇跡が起きないんです。

なぜかというと……

テニスをやるとします。
私とあなたがテニスをやります。

そうするとあなたは、結果が気になってしょうがない。

しょっちゅうスコアボードを見てる。

私は球を見る。

だから勝つのは私なんです。

結果をあまり気にしちゃダメなんです。

人に教えてたくてしょうがない、ぐらいに惚れ込めば、ものは売れるんです。

そこまで惚れていない商品を人に勧めるのは『悪』なんです。

========

まずは、商品に惚れこむことですね

また、『生成発展塾in九段下』では、このような一人さんの考えでのお勉強をすることができます。

是非、入塾をお待ちしております。

生成発展塾

 - 仕事