斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

日本の神様

   

一人さんがこんなことを言っていました。
神様の話です。

========================
私たちって日本人だよね、日本て日本の神様があるんだよ。
日本の神様って、素晴らしいんだよ。
もちろん、よその国の神様も素晴らしいんだよ。
でも、日本の神様って特徴があるんだよ。

日本の神様って、宗教戦争をしたことがないんです。
インドからお釈迦様、仏教が入ってきました。
中国から、儒教が入ってきました。
ずーっとヨーロッパを経てキリスト教が入ってきました。

大概はよそからいろんな神様が入ってくると、そこでは一悶着どころか、
百悶着ぐらい起きてきて(笑)そこで殺し合いをするんだよ。
ところが日本の神様はそれをしなかったの。
すごく大らかな神様なの。

何で日本の神様はよその神様とケンカしないんですかっていうと、
日本の神様は、やおよろずの神なんです。
やおよろず、って八百万と書く。
八百万の神さまなんです。

いいですか、国民の人口がそのころ、100万人いるかいないかなんです。
100万人に対して800万の神様がいる。
一人8人づついるんです(笑)

ね、そしたら、そこにインドからお釈迦様っつう人が来ましたよ、っていうとき、
日本の人たちは、今でも800万いるんだから、
あと一人ぐらい受け入れてもいいんじゃないか、と(笑)
そういう気持ちで受け入れたんだよ。

で、よくよく話聞いてみると、やっぱしね、
インドからわざわざ伝わってくるような話だから、聞いてみればいい話なんです。
今お葬式をお任せしたりね、いろいろやってるんです。

キリストさんが入ってきたときも、いいじゃない一人ぐらいって(笑)
私たちはクリスチャンじゃないけれど、クリスマスやったりね。

で、適当にやってるんです。
いい加減な神様なのかな、っていうとそういう神様でもないんです。
日本の神様ってね。

CD『普通はつらいよ』
========================

神様についての面白いお話ですね。

 - 一人論