斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

個性の話

   

「個性出してはいけないよ」っていう人がいますが
実はそういっている人が間違っているんですよね。

個性について、一人さんがこう書いています。

========================
今日はですね、個性というものをちょっと勘違いしてる人が多いんで
個性について話をしたいと思います。

えー、よくあの、「あなた、個性がないよ」とか「あなたもうちょっと個性出した方がいいよ」っていう人がいるんだけど、それはちょっと違うんです。
なんでかって言うと、その人がこう…地味な人がいる、あまり主張しない人がいるとすると、そういう人はあまり自分を主張しないという個性なんです。
で、個性は充分に出ているのに、「あなた個性がないよ」って言われても
個性は出てるんです。そういう個性なんです。

だから、例えばあの、相手がね、「私個性を変えたいんだ」っていうんだったら
それは分かるんです。
でも個性がないって言われちゃうと、じゅうぶん個性出してるしさ。

例えば伊藤さんっていう人がいて
「伊藤さんあなた、すこし個性変えたほうがいいよ」って。
でも伊藤さんって分かったんだよね?
大勢いっぱいいる中からあなた伊藤さんって分かったんだよね?って。
その「分かる」と言うことが個性なんだよね。
だから、顔立ちだろうが服装だろうが、ちゃんとその人ってわかったということは十分個性がでてるんだ。

相手の個性を尊重するって言うことは、「あなた良くないよ」とかっていうのは、
言っている人の個性を押し付けてるんだよね?
あなたが個性と認めてないものは、個性じゃないと思ってるんだよね。
でもそれってすごく傲慢な話だよね?
だから、相手は充分個性がある人なんだよって。

CD『個性の話』
========================

個性を出すのがよくないのではなく、
自分の個性の概念を、人に押し付けるのが
よくないんですよね

 - 一人論