斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

内臓型冷えとりの対策

   

本日は、簡単足の冷えの解消術です。

冷え

冷え性という言葉はよく聞きますが、大きく分けると5つのタイプがあるそうです。
1.四肢末端型冷え性
2.下半身型冷え性
3.内臓型冷え性
4.全身型冷え性
5.局所型冷え性

多くの人が経験している、手足の先が特に冷えてしまう人たちは
四肢末端型冷え症と呼ぶそうです。

一番危険なのは、内蔵型冷え性だそうです。
内蔵型冷え性は、交感神経の働きが弱くなったさいに起こる症状で、
交感神経の働きが弱くなると、手足の血管を収縮させないため、
血液を体の中心である内臓に集まることがなくなるそうです。
そのために、体の中心である内臓が冷えて、機能が低下し、
膀胱炎や機能性胃腸障害などを起こしやすくなってしまうというものです。

また、内臓型冷え症の場合、末端の手足は暖かいため、
症状が気づきにくいといった欠点があります。

内臓型冷え性防止の対策としては体を温めることです。
普段がら腹巻きや靴下、重ね着などをして、からだを保温することが大切です。
また寝ている間は、新陳代謝が低下して身体は冷えやすいものです。
寝るときも体を温かくして休むことが、内蔵の冷え対策としても重要なんです。
おへそよりも1~2センチ下のところにカイロを貼ってもいいと思います。

また、足をマッサージして、足の血行をよくするのもいいと思います。
足は、心臓から一番離れている場所ですので、足を血行をよくすることによって
体全体の血行が良くなるんですね。
そのため、足は第二の心臓とも言われております。

また足の冷えむくみは、脳に栄養が足りないために、脳から正しく指令が出ないときでも起こります。
そんな人には、脳に栄養を与えるということを基本にした健康食品
『未来の青汁パ二ウツ元気』をお勧めしております。

人の体はすべて、脳からの信号によって動いています。

そこで脳から正しい指令を出せるように脳に栄養を与えるサプリメントが
この、『未来の青汁パ二ウツ元気』なのです。

正しい栄養が脳に届いていないことによって
体に異常が発生したりします。

『未来の青汁 ウルトラパ二ウツ元気』
を飲まれた方の感想になります。

=======
体温があがりました
自分には初めは必要ない商品だと思って
いました。
でも最近「なんとなく疲れがとれない」と
思って体温を測ってみたら35℃になって
いてびっくり!!娘にそうだんしたら
『パ二ウツ元気』を勧められて飲み始め
たら1か月後には体温が常に36.0℃~
36.5℃になってて体調も良いし本当に
ありがたいです。
60代女性

※これらの体験は個人の感想で効果効能をうたったものではありません
=======

paniutsu2

真の健康を「脳」から考えた、サプリメントの新しいカタチ
『未来の青汁 ウルトラパ二ウツ元気』
内容量40g 約100粒 5,000円(税別)

 - 健康