斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

自殺のリスクが低下するという食事は?

   

国立がん研究センターがん予防・検診研究センターの予防研究グループが
全国の約9万人の40~69歳の男女を対象に約8.6年かけて食事パターンと自殺の関連について調査し、食事の内容により、自殺のリスクが低下するという結果が得られたそうです。

【3つの食事パターン】
健康型…野菜や果物、いも類、大豆製品、きのこ類、海そう類、脂の多い魚、緑茶など
欧米型…肉類・加工肉、パン、コーヒー、清涼飲料水、マヨネーズ、乳製品、魚介類
伝統型…ご飯、みそ汁、漬け物、魚介類、果物など

調査期間中に自殺した人達とそうでない人達の食事パターンを調査したところ、
自殺のリスクが低いのは、「健康型食事パターンを取っている」かつ「精神的ストレスが低い」人達ということが分かったそうです。

自殺の原因はさまざまなのですが、研究結果からは少なくとも食生活が精神的ストレスや自殺のリスクに影響していることが推測できたのだそうです。

健康型食事パターンが自殺のリスクを低下させている理由としては
健康型食事パターンの特徴である「豊富なビタミン」が関係していると考えられています。
野菜や果物、大豆製品、きのこ類などはビタミンが豊富な食品です。

また自殺の原因になりやすいのが、現代人に増えている「うつ病」でもあります。
精神的なストレスからうつ病にかかり、重度のうつ病に進行して自殺に走ってしまうケースも少なくありません。

しかし健康型の食事には、精神的ストレスを緩和させたりうつ病の進行を防いだりする特有のビタミンが十分に含まれているため、
この食事パターンを取っている人達には自然とうつ病や自殺が起こりにくくなっているのです。そのビタミンは
•カロテン
•ビタミンC
•ビタミンE
•葉酸

です。

実は、これらの栄養が含まれているのが『未来の青汁パ二ウツ元気』です。

『未来の青汁パ二ウツ元気』は、脳に栄養を与えるということを基本にした健康食品です。

人の体はすべて、脳からの信号によって動いています。

そこで脳から正しい指令を出せるように脳に栄養を与えるサプリメントが
この、『未来の青汁パ二ウツ元気』なのです。

正しい栄養が脳に届いていないことによって
頭痛などが発生したりします。

『未来の青汁 ウルトラパ二ウツ元気』
を飲まれた方の感想になります。

=======
電車に乗るのが嫌だったり、自分の顔を見るのも嫌になり
自分の昔の写真を見るのもできなくなっていました。
パ二ウツを飲み始めてから自分の顔をみることが
できるようになり、毎日ツヤを出しています。

※これらの体験は個人の感想で効果効能をうたったものではありません
=======

paniutsu2

真の健康を「脳」から考えた、サプリメントの新しいカタチ
『未来の青汁 ウルトラパ二ウツ元気』
内容量40g 約100粒 5,000円(税別)

 - 健康