斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

宗教から勧誘されて困ったら

   

本日は、
「もしこんな質問が来たらどう答えますか?」
という内容で回答をしていきます。

実際に質問が来たわけではないですが、
一般的に悩んでいる人が多い内容のことなどを
銀座まるかん名誉師範が、「一人さんの教えで解決するには?」の視点で
回答をしています。

また、実際にあった相談でも、内容的に個人が特定されてしまう場合には
質問の内容を少し変えた状態で回答しています。

そして今回の質問です。

=====
【Q】
友達が宗教をやっておりまして、
「会員にならなくてもいいから、どうしてもこの講演会に来てほしい」と
懇願されましたので、お付き合いで言ってみました。
その後、何かその宗教で行事などがあると
友達を通さずに、直接宗教の人から誘いの連絡が来るようになりました。
最初はその友達に文句を言っていたのですが、
こういったことがきっかけで、その友達とは疎遠になったのですが
その宗教からの誘いの連絡は相変わらず続いております。
どうすればいいのでしょうか?
====

勧誘

こちらは、私がよく受ける、宗教関連の相談の悩みをベースにして
作った質問です。

このような質問が来た際には、
斎藤一人さんの教えでこう回答しております。

==================================
【Q】
ハッキリと断ったほうがいいと思います。

一人さんはこう言っています。
断れないというのは、断れない波動を出しているので
断れない人に対して調子に乗ってくる人は
断れない波動に反応してやってくるんです。

ですから、その人を利用する人が10人来ていても
一人断れば、ほかの9人は来なくなるのです。

それは、断れない波動ではなくなったからです。

ですから、その宗教団体の方が誘いの連絡をよこしたら
ハッキリと断ったほうがいいんですね。

そして、断ってもしつこい場合には、
個人情報保護法をうまく利用するればいいのです。

個人情報保護法においては、自分の個人情報を持っている
団体に関して、情報削除の依頼をお願いした場合には
削除しなくては行けない条項が入っているんですね。

それで、削除依頼をしても削除依頼しても削除しない場合には
個人情報保護法違反で訴えることができるんですね。

ですから、宗教団体からの勧誘がしつこい場合には
ハッキリと断り、それでもやめない場合には
法で訴える。
「そこまでするんですか」
と言われるかもしれませんが、
「そこまでする必要はないかも」と思っているその気持ちが
断れない波動を作り出し、
その波動に、その宗教団体が甘えて寄ってきてしまうんですね。

ですから、その宗教団体から勧誘の連絡があったら
裁判まで見越しながらハッキリと断る。

そこまですることによって、波動が断れない波動ではなくなるので
裁判までいかずとも、宗教団体から連絡が来なくなるんですね。
波動が変わったからです。

==================================

 - 幸せ