斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

七草がゆ

      2016/02/10

本日は七草がゆですね。

七草粥

七草がゆとは、人日の節句(1月7日)の朝に食べる食事になります。

七草とは、7種の野菜の事を言うそうで
地域によって入っている野菜は様々だそうです。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられ
祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われています。

要は、七草がゆに入れる七草は自由でいいんですよね。

一人さんは「天国言葉」と「地獄言葉」を言っています。

しあわせになるために、何より大事なことは、言っても聞いても楽しくなる言葉をつかうこと。
この言葉を私たちは「天国言葉」と言っています。
その代表的なものが、8つの言葉です。
「愛してます」「ついてる」「うれしい」「楽しい」
「感謝してます」「しあわせ」「ありがとう」「ゆるします」

これらの言葉を口癖にすると笑顔になり。人相までよくなって、
しあわせなことを沢山引き寄せます。

反対に使ってはいけないのが、言った人も聞いた人も気持ちが暗くなる「地獄言葉」です。
「恐れている」「ついてない」「不平不満」「愚痴・泣き言」
「悪口・文句」「心配事」「ゆるせない」
こんな言葉を使っていると眉間にシワが寄り、口角が下がって人相も悪くなります。
こんな顔をしている人のところに、幸せはやってきません。

つまり、七草の草がなんであろうと
楽しければいいんですよね。

 - 幸せ