斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

自分の陰口を言う人をどうすればいいのですか?

   

今回は、悩み事などに関して
斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

ただ、内容的に個人が特定されてしまう場合には
質問の内容を少し変えたアレンジした状態で掲載しております。

そして今回の質問です。

<質問>
自分の事を、陰で悪口を言っている人がいます。
どうすればいいのでしょうか?

陰口

斎藤一人さんの教えでこう回答します。

<回答>
自分が人の悪口を言わないことです。

一人さんはこう言っています。

========================
で、魂の成長っていうのは、因果によって成長するんだよ。
簡単に言うと悪いことをすると悪いことが起きる、良いことすると良いことが起きる。
わかるかい?

あのね、成長っつと大きくなると思うけど、そうじゃないんだよ。
まともになるんだよ。

まともになるとはなんですかっつと、愛が大きくなるんだよ。
で、愛も最初は自己愛っつって自分のこと愛してんだよ。
わかるかい?

だから人のこといじめてるやつも、自分のことはいじめないんだよ。
それが証拠に捕まりそうになって一生懸命逃げてんだよな。
人のこと殺しちゃうやつでも、死刑にはなりたくない。
っていうことは、自分を愛してるんだよ。

そのうちに魂が成長してくると、自分も大切なんだけど、
人も大切なんだよなとか、わかるようになってくるんだよ。

その為には、人の足踏んづけてでも自分は全然痛くないけど、
今度は踏まれてみると、こんな痛いのかって人の嫌なことはしなくなるんだよ。
わかるかい?

人の陰口とか悪口を言ってる時はいいんだよ。
結構爽やかだったりするんだよ。
爽やかなことはねぇけど気分が良かったからやってんだよなって。

ところでさ、自分がね、陰口言われたり悪口言われたらどのぐらい気分が悪いかとかな。
そういうことがだんだんだんだん、わかるんだよ。

それで、このカルマにしろダルマにしろ、今世やったことは来世出るんだよ。
だから今世一生懸命良いことやってんのは、来世のためなんだよ。

だからよくね、あんないい人がなんであんな苦労してんのって人もあるんだよ。
そうかと思うと、あんな悪いやつがなんであのまま死んじゃうのとか、
バチも当たんないでっつけど、今世やったことは来世出るんだよ。

だからなんで悪いやつだとか…
あんまり俺が代わりに罰を与えてやろうとか、思っちゃダメだよ。

神はね、『復讐するは我にあり』って、我って誰ですかって…神。
あんたらがやらなくたって俺がやるからやんなくていいって。

汝報いを受けんって続きの言葉があんだよ。
汝報いを受けん…
あんたがやるとあんたが報いを受けるから、神のやることに口出ししないの。
わかる?

なんでうちの上司は自分ばっかし怒るんだって…
自分が上役だった時にね、人のことばっか怒ってたの。
だからそれが現象になって出てくるの。

そのことをわかると、前世やったから俺が怒られんだから、
今日は随分刈り取ったぞ、と。

要するに自分が蒔いた種を自分が刈り取るんだよ。
だから今日は随分刈り取ったから収穫祭で…

あの野郎!って、なんで俺のことばっかしって、
恨み言言ってると、また悪い種蒔くんだよ。

いいかい?
悪いなのかって悪い種蒔いてたら、ずーっと同じなの。
それを因果がめぐるっつって、ずーっと因果がめぐってんだよ。
どっかで悪いもの刈り取った後、
「部長、あの有り難いお説教ありがとうございます」

とか、なんか言うとか…
要はこれで因果が消えましたとか、なにか…
神っつのは、常に明るくて愛があるもんなんだよ。

だから相手がどんなに冷たい態度とってても、
こちらは明るくて愛のある種を蒔けばいいんだよ。

わかった?

『魂の夜明け』
========================

一人さんは「天国言葉」と「地獄言葉」を言っています。

しあわせになるために、何より大事なことは、言っても聞いても楽しくなる言葉をつかうこと。
この言葉を私たちは「天国言葉」と言っています。
その代表的なものが、8つの言葉です。
「愛してます」「ついてる」「うれしい」「楽しい」
「感謝してます」「しあわせ」「ありがとう」「ゆるします」

これらの言葉を口癖にすると笑顔になり。人相までよくなって、
しあわせなことを沢山引き寄せます。

反対に使ってはいけないのが、言った人も聞いた人も気持ちが暗くなる「地獄言葉」です。
「恐れている」「ついてない」「不平不満」「愚痴・泣き言」
「悪口・文句」「心配事」「ゆるせない」
こんな言葉を使っていると眉間にシワが寄り、口角が下がって人相も悪くなります。
こんな顔をしている人のところに、幸せはやってきません。

この「天国言葉」を積極的に言っている状態
この天国言葉が言える心の状態は、愛と光の状態です。

逆に、「地獄言葉」を積極的に言っている状態
この地獄言葉がたくさん出てくる心の状態は闇の状態です。

一般的に神様と言われている宇宙創造のエネルギーは愛と光なため、
自分の心の状態が愛と光の状態のときに、神様と波長が合い
自分の心が闇の状態のときには、神様と波長が合わないので
嫌な出来事が立て続けに起こったりするんですね。

そして一番大切なことは、嫌な出来事があった時や
嫌な人とあった時に、いかに自分の心を愛と光の状態においておけるかなんですね。

なかなか難しいとは思うのですが、一人さんは
嫌な出来事があった時や、嫌な人とあった時に、
いかに自分の心を愛と光の状態においておくことができるかの
ヒントを与えてくれているんですね。

だから、悪口を言われているとわかっても
自分があえて地獄言葉の領域に足を突っ込む必要性はないのです。

 - 幸せ