斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

師も走るから師走

      2015/12/02

今日も『ひらめきサロン九段下』から情報発信していきます。

本日は12月1日
ついに今年も最後の月になりました。
12月のことを『師走』と言います。

師走とは、師も走るほど忙しいということを意味しているそうです。

ここでいう師とは誰の事なのか?

三つぐらいの説があります。

●御師
御師とはお寺や神社などへ参拝しに来る人々の案内や参拝などをする人のことを指す言葉です。
12月は大晦日や初詣などがあり御師が一番忙しい時期なため、
師(御師)が走りまわるという意味で師走というのがこの説になります。

●お坊さん
年末になるとお坊さんが家に来てお経をあげるという習慣が日本にはあります。
都会の方ではなかなか見かけない習慣かもしれませんが、
地方の方などへ行く現在でもよく見かけます。
ですので12月になるとお坊さんがとても忙しくなり、
そこから来ているのではないかというのがこの説になります。

●先生

先生とは学校の先生のことを指します。
12月は日頃落ち着いている学校の先生も忙しく走り回る月だというところからきた説です。 現在でも年末は学校の先生にとってはテストの作成・採点、行事や生活指導などとてもいそがしい月であるようで、

このように、12月は忙しいということなんですね。

しかし、忙しいを理由に「やらない」人っていますよね

一人さんはそんな人のことをこう言っています。

========================

今のこの不況からなぜ抜け出せないかというと、努力であがってきた人ばっかしだから、発想がないの。
ところが、ひらめきでやる人は関係ないの。
だから、うちの会社は不況なって10年っていうけど、ずーっと上がり続けて利益だし続けてる。
で、今ですら、樂にあがるよって。

斎藤さんだから出来るんでしょ?っていうけれど、そうじゃないの。
私が教えれば誰でも出来るの。

教えたら全員が成功者になるんですか?っていうと、本当はなるの。
だけど、このテープを聴いて信じるやつ、1000人に1人しかいない。
だから、なれないんだ。
信じられない。

それが頭の中で、成功とは努力だとか忍耐とか苦労だって教えられてるの。
それで、あなたを変える方法がある。
あなたを変える方法は、わけない。

それは、1000回聴けば変わっちゃう。

儲かってないやつほど忙しい。

========================

どんなに忙しくなっても、やりたくない事をやらない理由として
「忙しい」とは言わないようにしたいですね。

 - 幸せ