斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

幸奈2歳の誕生日でした

      2016/02/10

本日は、私の娘についてのお話です。

12月29日は私の娘・幸奈の誕生日なんです。

幸奈は、2年前の2013年12月29日に
284gの超低体重出生児として産まれました。

PIC_0347

日本の高度医療により、低出生体重児の生存率は
世界に比べて高い水準を誇っていますが、
もっと大きくして産まれていた場合の事。
300gを下回って産まれて来た新生児の生存率は一気に下がり
300g以下で産まれて、3000gまで成長して退院したケースは
日本でも数例しかないそうです。

12月29日、幸奈は2歳になりました。
284gで産まれた幸奈は、生存率数パーセントでした。
産まれた当初は、生きられるかわからない状態

言い方を変えれば、いつ亡くなるかわからない状態だったんですね。

しかし、そんな状況でも「神様助けてください」とは言いたくなかったんですね。
助けてくださいとは、助からないことを前提として
助からないことを認めているからです。

神様にお願いしたこととは、
「神様、本日も1日幸奈をありがとうございました。
明日も幸奈と一緒にいさせてください」

次の日も、「明日も」
次の日も、「明日も」

そして気がつけば「明日も」の積み重ねで
あれから2年が経ちました。

危機的な状況は何度もありましたがすべて乗り切り
今年の6月10日に退院。
本日で2歳を迎えました。

未熟児で産まれたと言うこともあり
成長速度は遅いですが、確実に成長しております。

生まれてくる時から障害を持って生まれてきた子供に関して
斎藤一人さんは、こう書いています。

========================

因果の法則でね、自分がすごい得意だとするじゃん。
自分が字が得意だって、字の書けないひとなんかみると、バカにしたり薄ら笑いをすると、人を小馬鹿にしたうすら笑いって、ものすごくいけないんだよ。
そうすると、本当に半身不随になったり、目がね、見えない人になったりするんだよ。
わかるかい?
なぜかっていうと、魂を傷つけると、魂とは人間のなかでいちばん大切なものなんだよ。
それを傷つけると、腰とか、腰ってのは体の要だからね、腰が動かないだけで体が動かなくなっちゃうんだよ。
それとか、目とかに出るんだよ。

あざ笑ったくらいでそうですか、っていうと、そうなんだよ。
そういう人がいたら、この人は因果なんだと思っちゃだめだよ。

俺たちもやってるの、だた、背負いきれないの。
だから、後回ししてもらってんの。
とても、今、背負いきれないから、勘弁してもらってんの。

何回も輪廻する間には一度はやらなきゃなんない。
だから、そういう子を背負ってくるっていることは、ダウン症の子やなんかでも天使みたいなの。
ほんとにかわいい性格なの。
最後にそういうおっきいやつもってくるんだよ。

そういう子が生まれる家って、お母さんの魂や、親も成長してるから、面倒見がいいところに生まれるんだよ。
なかには、そういう重症の子を三人も産んでる子がいるんだよ。
三人に耐えられるだけの愛をもってるんだよ。

『知らないと損する不思議な話』
========================

この一人さんのお話を聞く限り、幸奈は魂の位が高いんですよね。

よく、子供は親を選んでくると言います。

こんな魂の高い幸奈に、親として選んでもらって光栄ですね

 - 幸せ