斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

11月11日は色んな記念日なんですね

   

本日は11月11日で1が並びました。

11月11日

何かの記念日があるのかと調べてみたら、結構あるもんなんですね。

介護の日⇒「いい日いい日」の語呂合せから。

公共建築の日⇒建築の基本的構造を象徴する4本の柱のイメージと、国会議事堂の完成年月である昭和11年11月に因んで

電池の日⇒乾電池の+-を「十一」にみたてて

配線器具の日⇒コンセントの差込口の形状を「1111」に見立て

麺の日⇒「1111」が麺の細長いイメージにつながることから

ピーナッツの日⇒ピーナッツは1つの殻に2粒の豆が同居する双子であることから、11のぞろ目の日を記念日にした

サッカーの日⇒サッカーが11人対11人で行うスポーツであるから

くつしたの日⇒靴下を2足並べた時の形が11 11に見えることから

おりがみの日⇒1を4つ組み合わせると折紙の形・正方形になることから。

下駄の日⇒下駄の足跡が「11 11」に見えることから

鏡の日⇒「11 11」や縦書きにした「十一 十一」が左右対称であることから

鮭の日⇒「鮭」の旁の「圭」を分解すると「十一十一」になることから

ポッキー&プリッツの日⇒同社の製品ポッキーやプリッツを6つ並べると111111に見えることから。

もやしの日⇒「1111」がもやしを4本並べたように見えることから。

煙突の日⇒「1111」が煙突が4本立っているように見えることから。

箸の日⇒「1111」が箸が2膳並んでいるように見えることから。

きりたんぽの日⇒きりたんぽを囲炉裏に立てて焼いている様子が「1111」に見えることから。

磁気の日,磁石の日⇒磁石のN極(+)とS極(-)を「十一」にみたてて。

長野県きのこの日⇒長野県が生産量日本一のしめじ・なめこ・えのきだけを「1111」に見立てて。

コピーライターの日⇒「1111」が鉛筆やペンが並んだように見えることから。

立ち呑みの日⇒「1111」が人が集って立ち呑みをしているように見えることから。

豚まんの日⇒「11」を豚の鼻の穴に見立てて。

おそろいの日⇒11と11で「おそろい」であることから。

色々とあるもんなんですね。
1が二つ並んだ「11」四つ並んだ「1111」
これらの形は、何にでも応用ができますよね。
だから、なんでもあてはめやすいのかもしれないですよね。

しかし、こうゆうのって楽しいですよね。
記念日って、イベントなどもあったりして楽しいですよね。

要は、お祭りなんですね。
一人さんは、お祭りに関してこう言っています。

========================

人が喜んで働くようになる3つめの条件を話します。
 「人は、『祭り』があると働く」。

 人ってね、「お祭り」が大好きなんです。

 例えば、昔のお百姓さんって、毎日、畑を耕したり、稲を植えたり、刈ったりしていたじやない。あれって、大変な作業だし、単純な作業だし、よく朝から晩までせっせ、せっせと働けたよな・・・って思うよね。

 でもね、お百姓さんには、大きな楽しみがあったの。それが「祭り」なんだよ。1年のうち、作業のあいまに「春祭り」があったり、「夏祭り」があったりするから、それを励みにしてがんばっていられるんです。

 だいたい、普通に生きてると、「祭り」って少ないものだよな。普通の人の「祭り」っていうのは、まず生まれたとき。周りのみんなが「誕生おめでとう!」ってお祝いしてくれるよね。

 それから、七五三、成人式、結婚式、そして最後に「葬式」。
 生まれたときの「祭り」は、赤ちやんだから記憶がないよな(笑) あと死んだ後の「葬式」も、死んじやってるから、わからない(笑)
 そうなると、七五三と成人式と結婚式ぐらいでしょ、「祭り」って。こんなに楽しみが少なかったら、がんばれないよね。

 この「祭り」を増やすんだよ、自分たちで。だから「まるかん」ではパーティをたくさんやるんですよ。あれは「祭り」と一緒なんです。
普段、一生懸命働いてきた人の「ごほうび」なんですよ。

『ひとりさん通信』
========================

そんなお祭り(記念日)の多い本日(11月11日)は
楽しい日ですよね。

 - 幸せ