斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

朝起きの一杯の水

   

今回は、簡単健康法です。
朝起きた時、直ぐに200ml程度の水を飲むと良いと知っていましたか?

水

人は寝ている間にコップ一杯程度の汗をかいています。水分が足りないと血液がドロドロになり、血管が詰まりやすくなります。
朝に脳梗塞や心筋梗塞で倒れやすくなっているのはこういった理由からです。
ドロドロ血液をサラサラにするため、朝起きたらま一杯の水を飲むことがいいのです。

また、寝ている間は交感神経(心臓や肺など自動的に動く神経)のみ働き、
副交感神経(胃腸など自分でコントロールする神経)は休んでいます。
つまり脳が働かなくていい状態なんです。
朝に冷たい水を飲むと、自律神経が刺激され、副交感神経が目覚めることで
脳が働くモードになります。
そして、起きたては消化器がまだ寝ている状態ですが
冷たい水を飲むことで、胃腸に刺激を与えてぜんどう運動(腸が動いて排泄活動をする)を
促します。ぜんどう運動は食事/水分補給/運動により促すことが出来ますので
朝にコップ2~3杯水を飲むことによって、便意が刺激されるそうです。

また、朝に限らず、水は細胞の新陳代謝を促す効果があります。
人は、一日2リットルの水を飲むことで代謝を上げることが出来るそうです。
代謝が上がれば体に不要なものを外に出しやすくなり、健康な体に近づきます。

そして特に水を飲んだ方が良い人は、以下の人たちです。

・ダイエット中の方…ごはんにも水分が含まれているため、ごはん摂取量が減る=その分の水分を補給する必要がある。
・太っている方…他の人より体に占める脂肪量が多い=水分の比率が少ない、つまり人より水分を補給する必要がある。
・年をとっている方…体に占める水分量は、赤ちゃんは80%、成人は60%、高齢になると50%…と減っていくため、その分水分補給をして補う必要がある。

また体の不調は、脳に栄養が届いていないことによって起こります。

人の体はすべて、脳からの信号によって動いていますので、
そこで脳から正しい指令を出せるように脳に栄養を与えるサプリメントが
この、『未来の青汁パ二ウツ元気』なのです。

正しい栄養が脳に届いていないことによって
体に異常が発生したりします。

paniutsu2

真の健康を「脳」から考えた、サプリメントの新しいカタチ
『未来の青汁 ウルトラパ二ウツ元気』
内容量40g 約100粒 5,000円(税別)

 - 健康