斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

お米に感謝していますか?

   

本日は、勤労感謝の日ですね

元々は11月23日は、五穀豊穣を祝う『新嘗祭』として古くから伝えられてきておりました。

新嘗祭は、その年に採れた新米を神様に献上するお祭りです。
元々、日本国建国の際に、天照大神(あまてらすおおかみ)が
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に国を任せた際に
三種の神器(鏡・玉・剣)とお米を授けたと言われています。

そのため、お米は神様からの授かりものであり
今年も無事にお米が採れましたという意味で
感謝の証で新米を献上するものなんです。

このように11月23日は『新嘗祭』として古くから伝わっていた
大切な日だったのですが、大東亜戦争で敗れた際にGHQより
『新嘗祭』を「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」として
勤労感謝の日に変更されてしまったんですね。

ですから、表向きは勤労感謝の日ではあるのですが
神道のゆかりのあるところでは、『新嘗祭』を取り行っているんですね。

ですから、言い方を変えれば、本日はお米に感謝する日でもあるんです。

一人さんはこう言っています。

========================
お米に感謝するとご飯がおいしい ご飯がおいしいと一日楽しい 得した 得した

お米に感謝すると、ごはんがおいしくなります。

パンに感謝すると、パンがおいしくなります。

魚に感謝すると、魚がおいしくなります。

食べ物がおいしいと、一日気分が良くなります。

幸せって、簡単だなぁ!

得した。

得した。
========================

お米に感謝すると、なんでもおいしくなりますよね。

中々お米に感謝なんて考えないとは思いますが
是非本日はお米に感謝してみてください。

いつも以上においしい食事が食べれますよ。
46お米に感謝するとご飯が

 - 幸せ