斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

頑固はどうなおせばいい?

   

悩み事などに関して
斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

ただ、内容的に個人が特定されてしまう場合には
質問の内容を少し変えたアレンジした状態で掲載しております。

そして今回の質問です。

<質問>
頑固はどう直せばいいですか?

頑固

<回答>
まさしく、一人さんがこのことについて答えている内容があります。

========================
最近ですね、「私、頑固なんだけど、頑固直したいから、どうしたらいいでしょう?」
っていう質問があるんですよ。

で、これ実は、質問に無理があるんです。
なぜかというと、「私は頑固が直せないから」って言う人はですね、私がいくらいい答えを出しても、頑固だから直さないんですよ。

で、「当人は直したい」つってるけど、ホントは直したくないんです。
何か、頑固という言葉に、不思議な魅力があるんだなぁ……

だから、なんか頑固っていうと一本スジが通ってるような、そういう、何か、誤解みたいのがあるんですよ。
だけど、頑固のホントの意味っていうのは……
この世の生物というのは、全て成長するんです。木でも草でも……
ホントに、木でもね、やっぱ千年経ってる木ってすごいなっていうぐらい、少しづつ少しづつ大きくなるんですよ。

それで、成長が止まっちゃった木っていうのは、もう……全ての動物は、死ぬしかないんですよ。
で、木なんか、こう見てるとね、1000年経ってる木だからって古い葉っぱが出てくるんじゃないんだよ?
毎年、新しい葉っぱが出るんですよ。青々とした葉っぱが出てくるんだよね?

で、それどういう事ですか?っていうと、人間に例えると、人間って身体の成長は止まるじゃない、すぐね?長い人生のうちにすっと、すぐ止まるよね?
16、7とか8とか9とか、だいたい、もう二十歳前に止まるじゃない。
でも、その後って、魂が成長し続けるんだよね?
人間的にも成長していくんだよね?

で、魂的なことで頑固っていうことは、「私はもうこれ以上成長したくない、成長したくない」つってんのと同じなんだよね?
なんか一本スジが通ってて、頑固がいいっていうのは、例えば千年前からやってる漆塗りの技術を、代々自分は伝えんだったら、それは色んな事でね、こっちはペンキ塗っちゃったりとか、そりゃマズいよね。

だけど、あなたが困ってるのは技術じゃなくて、魂的とか心の問題なんだよね?
心の問題で、成長するとかっていうこと、あるじゃない。
そうすると、ホントいうと、「いや、私も学んでるんだ」って言うんだけど、頑固な人が精神的なこと勉強したり、いろんな事を勉強するとどうなるかっていうと、自分を変えないで、人に誰か言われたときに、言い負かすことに使うんだよね?
だから、すっごい理屈っぽくなるの。

だから、理屈を言えば言うほど「この人頑固だなぁ、嫌だなぁ」って気がするの。
当人は、素晴らしい知識集めてきて、しゃべってるみたいだけど、要は、人のことはやり込めて、自分の事はやり込められたくないから、使ってるように見えるんだよね、って。
だから、時々「あんた頑固だね」って言われんだと思うの。

「あんた頑固だね、直しな」とかって言われるんだけど、自分は頑固だと思ってないの。
思ってないうえに、何か自己主張してるように思ってるんだよね?
だから、悪い事をしてると思ってないから、実は、直す気がないんだよね?

で、直す気はないんだけど、「私はどうしたらいいでしょう?」「頑固直すにはどうしたらいいでしょう?」
って、ホントは直す気はないんだよ?
だから、ポーズで聞きに来てんの。

で、うっかり「こういう風にしなさいよ」っていうと、「いや、それは出来ないんです。私はこうなんです」
って、要は頑固出すんだよね?って。

相手から頑固に思われるってことは、人間関係だから、相手が「私はこう思ってる」ってんだったら「ああ、そう~、いい考えだね」って。
言えばいいんだよ。
ね?

そうすると、相手が「斎藤さん、こういう風にしたらどうですか~?」って聞いたって、「あ~、いい意見、ありがとね~」って。
なぜかっていうと、その人にとっちゃ、いい意見なんだよ。
たとえば、俺から見て「くだらねぇ話してるな」と思うかもわかんないの。
でも、俺のこと思って、一所懸命言ってんだよね?
相手にとっちゃ最高の意見を言ってくれてんだよ。
だから、「いい意見、ありがとね~」って。

それから、少しぐらい、訳のわかんないのでも、「あぁ、そう」って、「なるほどねぇ」って、「あぁ、よくわかったよ」とか。
ね?
「わかるよ」って言葉なの。
「わかるよ」って言えばいいだけなの。

「わかるよ」って、「納得した」じゃないの。
誰かが意見言ったら、「あんたの言ってることは、わかった」つってるの。
「こういう意味で言ってるんだ、なるほどねぇ」って。

「わかるよ」
「そうなんだ」
「あぁ、わかったわかった」
「わかるよ」

たったそれだけなの。

「わかるよ」つったら、もう、自分はやらなきゃなんないって、頑固なんだよ。
「ああ、わかった」つって、自分の好きなこと、してりゃいいじゃない。
そういうのを、柔かい人間っつうの。
徹底的に戦うか、徹底的にやられるか……
それって、両方、頑固なんだよ。

適当に、ぐじゃぐじゃぐじゃ、っとして……
「そうだよね~、わかるよ~」って。

ね?
「あんたの言ってること、そうだよ。わかったよ」と、「俺のため思ってくれて、ありがとね」って。
『柳に風』と受け流せばいいんだよ。

カチンカチンなんだよ。
やられるのが嫌だから、理論武装してやっつけるか、ね?
「心にもないことは言えません」とかって、それが頑固なんだよ。

心にないこと言えつってんじゃない、相手がそう思ってることが分かった、つってるだけなの。
で、そう思っちゃいな?っていうことが柔らかいんだよ。
これ、大変なんだよ。
だから、きっと、「私は頑固なんで」って言ってるほうが楽だと思うんだよ。
で、結局人間って楽なことしかしたくないんだと思うんだよね?

それで、その楽なことに、付き合わされて相談されるの、嫌なの。
「頑固直したいんです」とかっていう、ホントは直せばいいんだよ。
ニコニコしてればいいんだから。

「そうだね、わかるよ」って、この一言で、頑固なんかなくなっちゃうんだよ。
で、こうやって教えてあげると、絶対言わねぇんだ、そういうやつって。

答えンなってっかなってないかわかんないけど、頑固直したいとか……
直す気がねぇんだから、言うのよしな。
で、直す気があるんだったら、たった一つ。

ね?
「そうだね、わかるよ」って。
人が言ったらそうやって言いな。

それから、「頑固な自分を許します」って言ってみな。
スッーっと楽ンなるから。

『頑固な人が、柔らかい人に絶対勝てない理由』
========================

つまり、頑固な人が自分の頑固を直そうと思ったら
他人の意見に「そうだよ、わかるよ」と言ってあげられるようにならないと
その人の頑固は一生変わらないんですね。

 - 幸せ