斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

逃げてもいい

   

一人さんは、「逃げてもいい」と言っています。

野球

========================
人間好きとは、人の良さをいくつ見つけられるかにかかってるの。
嫌なことばっかし見つけてたら、あんたの人生楽しいですか?
人生が楽しいっていうことは、人の良いところを見つけることなの。
わかる?
そういう達人になっても、人のいい所1個も無いんだどしたら、逃げるの。
そういう人が来たら逃げるしかないんです。(笑)
逃げられることは逃げる。
逃げられないことは楽しくやる。

仕事だって行かなくていいなら行かなくていい。
でも行かなきゃいけないんだったら、楽しくやる。
わかる?
逃げたいけど逃げられない、捕まっちゃったから。
そういうときは楽しくやるしかない(笑)
逃げられないものは楽しくやるんです。

CD『どっちが楽しい?~選択の基準』
========================

今までの教育と言うのは、「逃げてはいけない」と言われています。

しかし、一人さんは逆で、「逃げてもいい」と言っています。

ただ、ここで勘違いしてはいけないのは、
「逃げてもいい」と「楽をしてもいい」とは別なんです。

例えば、ある少年が親に野球をやらされているとします。
それで、1日8時間野球の練習をやっていると思います。
この少年はサッカーが好きだったとします。
で、あれば、この少年の選ぶ道はサッカーで1日8時間練習をやったほうがいいんですね。

野球と言う立場からすれば、この少年は逃げているんですよね。
ここでこの少年が、「野球をやめて何もしない」となったら
それは楽な方を選んでいるだけなのですが
1日8時間サッカーの練習をやるという道を選んでいるんですよね。

1日8時間練習するなら、嫌なことを嫌々やるよりも
好きなことを一生懸命やったほうがいいんですね。

これが一人さんの言う、逃げてもいいと言うことなんですね。

逃げてもいい イコール やりたくないことをやらなくてもいいではないのです。

逃げてもいいけれども、逃げたことにより空いた労力は
自分が好きなことに一生懸命費やせと言うことなんです。

また、逃げてもいいとはこんな時にも使います。

例えば、試験を受けるとします。
全然勉強してなかくて、「これは落ちる」とわかったら
受けなくてもいいんですね。
その代わり、次回の試験の時には一生懸命勉強して受ければいいのです。

それを、「逃げてはいけない」と言って
受かる可能性のない試験を受けるよりかは
ここは逃げて次に備える方がいいんですね。

ここで試験を受けないで、そのまま何もしないというのは
よくないんですね。

このように、一人さんの「逃げてもいい」とは、
楽をすることではなくて、一生懸命にやりたいことや目的に向かうためにことなんですよね。

 - 一人論