斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

本気じゃない人に厳しいんです

   

天国言葉を言っているんだけど
全然変化がないという人がいます。

そんな人に一人さんはこう言っています。
========================

よくあのー、
「天国言葉言いな」とかね、「私は愛と光と忍耐です」1日100回ずつ毎日言ってなーとかって言うとね、稀にだけどね、
「言ってるんですけど良いことないんです」
って言う人がいるの。
で、「良いことなくても言ってな?」って。

と、「笑顔にしてな?」って言うと笑顔にしてればいいんだよな。
それで、「良いことなくてもいいけど、良いことあったような顔してな?」って。
あの、「面白くなくてもいいけど、笑顔にしてな?」
すっと、ストレスが溜まるって人がいるの。
うん。

で、ストレス溜まったら病気になっちゃえばいいじゃないって。
ハハハ(笑)
もっとストレス溜めて死んじゃえばいいんだよな。
いや、それで何が言いたいの?っつうとね、
嫌なことあったら死んじゃいな?って。
いや、死んじゃえばいいんだよな。って。
なんでかって言うと、
嫌な顔して、否定的な事言って地獄言葉ずっと言ってて、あんたは気持いいか分かんないけど、周りは困るんだよ。
あの、地獄言葉ダラダラダラダラ撒き散らしながら長生きしようなんて、とんでもないよ?
そういう人は死んじゃったほうがいいんだよな?って。

で、「死んでもやるゾ」くらいの気持ちになると、奇跡って起きるんだよ?
上手くいかない人ってね、何でも覚悟が足んないんだよ。
ホントだよ?
だからね、なんかこう、ここで色んな事みんな勉強すると思うんだよな。
でも人生が上手くいかない人ってね、覚悟が足んないんだよ?

CD『業の肯定~欲は捨てるな』
========================

一人さんは、優しいイメージがありますが
今回は厳しいことを言っていますよね。

一人さんは基本的に、本気じゃない人に厳しいのです。

なまけようとしている人に厳しいのです。

例えば、一人さんは正しいより楽しいを選んだほうがいいと言っています。
しかし、楽しいと楽をするのとでは全然違うんですね。

ある子供が野球をやっていたとします。
本格的に野球をやっており、1日8時間野球の練習をしています。
しかし、この子供は、野球よりサッカーの方が好きなんです。
だったら、1日8時間サッカーの練習をしたほうがいいですよね。

これが、「正しいより楽しい」なんです。

しかし、この子供が野球をやめて、何もしないとします。
それは、「楽しいと楽をするは違う」
つまり、楽をしているのです。
なまけているのです。

こうゆう人に一人さんは厳しいのです。

しかし、一人さんのはなしを聞いたり
本を読んで、自分の都合のよいように判断してしまい
楽な方を選んでしまう人に対して、
一人さんは厳しいんですね。

 - 一人論