斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

49なる

   

4は死ぬ、9は苦しい
を想像することから、日本では
4と9は嫌われてきました。

しかし、銀座まるかんでは、4と9を大切にしているんです

4と9について、一人さんはこう言っています。
========================

夢見てたらね
夢の中に数字の四と九がでてきたの

それで「一人さんさぁ」って話しかけてくるの
なんで俺の名前知ってるんだって思ったんだけど(笑)

「一人さんさぁ、俺たち何も悪いことしてないのに
なんで嫌われるのかね」って言うの

四が、「形が悪いからですか」と色んな形するの
それがねぇ、おもしろいの、夢の中で。

九も色々言うからねぇ
こんな形どうでしょう、あんな形どうでしょうと
カタチ変わるんだよ。

それでそれ見てたら俺はねえ
「四は死につながっていて
九は苦しみにつながるからじゃないの
だから嫌うんじゃないの」
と、言うことを言ったの

そしたら、その四と九が
「私たちを大切にしてくれたら
あなたの生活をよくしてあげます」
って言ってるんだよ。

それからは、私もまるかんの人たちも
何でも四とか九とか入れろって言ったの

すごくそれからいいの

みんなに教えてあげて、四と九を大事にすると
すごくいいの。

『心が千分の一だけ軽くなる話』
========================

それからというもの、銀座まるかんでは
「よく(49)なる祭り」などをつくって
4と9を大切にしているんですね。

・人生が49なる
・男性は女性に49もてる
・女性は素敵な男性にもてる
・お金回りが49なる
などなど

4と9も、こうやって使うといくらでもプラスに使えるんですね。

ですから、4と9に感謝して、
「今日はいい日だ〇〇が49なる」と
49なる参りをしてもるといいですよね

 - 一人論