斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

信仰がないと言っておきながら一番混むときに神社に行く日本人

      2016/02/10

本日はお正月
2016年の幕開けですね。

お正月といえば初詣ですが、2009年度警察庁発表によれば、
このお正月三が日で合計のべ9,939万人もの人が初詣に行くそうです。

日本の人口は約1億26百万人ですので、8割近くの人が
お正月三が日に初詣に行くんですね。

そして、NHK放送文化研究所の『放送研究と調査』(1999.5)で
「日本人の宗教意識」について調べたところ
宗教を信仰しないと答えた人が、56%いたそうです。

半分以上の人が、宗教を信仰しないと言っている割には、
一年で一番混む時期に、8割の人が神様参りをしているんですよね。

これっておもしろいですよね。

七福神

神社というのは、神道という立派な宗教なんですよね。
ですから、外国人からみると、
宗教の信仰がないと言っておきながら、三が日には混む場所に行って
神様参りをしている日本人が不思議でしょうがないんですね。

しかし、これはある意味、神道の行事が、
日常に生活になじんでおり、自分が「神道の信仰がある」という
自覚を持たないぐらい、なじんでいるということなんですね。

何故、このようなことが起こるかと言えば、
日本にはたくさんの神様がいるんですね。

昔から八百万の神と言って、身の回りにたくさんの神様がいるんですね。

糞便にも神様がいるぐらいですから
本当にそれだけの神様がいるということなんですね。

一人さんが八百万の神についてこういっています。

========================
日本の神様って、宗教戦争をしたことがないんです。
インドからお釈迦様、仏教が入ってきました。
中国から、儒教が入ってきました。
ずーっとヨーロッパを経てキリスト教が入ってきました。

大概はよそからいろんな神様が入ってくると、そこでは一悶着どころか、百悶着ぐらい起きてきて(笑)そこで殺し合いをするんだよ。
ところが日本の神様はそれをしなかったの。
すごく大らかな神様なの。

何で日本の神様はよその神様とケンカしないんですかっていうと、日本の神様は、やおよろずの神なんです。
やおよろず、って八百万と書く。
八百万の神さまなんです。

いいですか、国民の人口がそのころ、100万人いるかいないかなんです。
100万人に対して800万の神様がいる。
一人8人づついるんです(笑)

ね、そしたら、そこにインドからお釈迦様っつう人が来ましたよ、っていうとき、日本の人たちは、今でも800万いるんだから、あと一人ぐらい受け入れてもいいんじゃないか、と(笑)
そういう気持ちで受け入れたんだよ。

で、よくよく話聞いてみると、やっぱしね、インドからわざわざ伝わってくるような話だから、聞いてみればいい話なんです。
今お葬式をお任せしたりね、いろいろやってるんです。

キリストさんが入ってきたときも、いいじゃない一人ぐらいって(笑)
私たちはクリスチャンじゃないけれど、クリスマスやったりね。

で、適当にやってるんです。
いい加減な神様なのかな、っていうとそういう神様でもないんです。日本の神様ってね。

『東京ビッグサイト講演』
========================

何についても、神様にしてしまう日本人は
やはりすごいですよね。

 - 幸せ