斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

肌との対話

      2015/05/07

一人さんは、顔のつやを重要視しています。

========================
まず、幸せになるコツっていうのは『ツヤ』なんです。
顔のツヤ出すことなんです。

貧相な人と福相な人がいる。
顔が貧相で幸せになることはできない。

そのかわし、福相で嫌な人生を送ることはできない。
それで顔の相で、ここにほくろがある。目が離れてるくっついてるとかね、丸顔とか四角とか言うけど、そんなのどうでもいいんです。
顔立ち好みですから(笑)
そんなことどうでもいいんです。

一番問題はツヤがあるかどうか、なんです。
これがまた不思議なんだけど、こちらにはなゑさんが来てますから、もし、誰か顔に塗ってもらうと、ああ、これぐらいのツヤのことをいうのか。
よく、ツヤをこう出すんだよ、ってつけてあげるのね。

ああ、よくなった、その場は言うんだけどその人。
次の日会うと、またガサガサの顔してんの(笑)
そういう人って、ずーーーっと貧乏して苦労してる。ほんと、そうなの。

で、ちゃんとそのツヤを守った人で、幸せになんなかった人って、ひとりもいないの。
ほんとにツヤなの。
だからツヤって大切なんだよ。
何回も何回もツヤ出してね、そのうち幸せ、になるとツヤがでてきちゃう。
最初はオイルかなんか塗らなきゃならない。

売れてる女優さんでもそう、飛ぶ鳥を落とす勢いの男の人の奥さんでもそう、肌のカサカサな人とか、いないよ。
ほんとに人相って大切なの。

『つやこ49』
========================

結局はツヤですので、お肌って自分の運勢にとっても大切なんですね。

そんなお肌の声を聴いていますか?

気温の変化、環境の変化、花粉などなど

春は、肌の状態が最も崩れやすい季節とも言われています。

そんなときこそ、いつもやっているスキンケアを見直すチャンス

規定の量を塗るのではなく、自分の肌状態を目で見て
手で触って、足りないようならしっかりと潤いを補ってあげるのが大切なんですね。

もしベタつくようなら量も減らしたほうがいいでしょう。

こうやった、肌の事を考えながら肌ケアをするのが
肌との対話なんです。

自分に合った量、合った質のスキンケアをしておりますか?

自分の肌に合った量で、ぷりぷりの潤いに満ちた肌を心がけましょう。

 - 健康, 幸せ