斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

ビジネスでは勘と理論のどちらが大事?

      2016/03/09

今回はビジネスに関する質問についてです。
斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

ただ、内容的に個人が特定されてしまう場合には
質問の内容を少し変えたアレンジした状態で掲載しております。
そして今回の質問です。

<質問>
仕事において、勘と理論のどちらが大事ですか>

<回答>
勘です

まずは、ひとりさんの言葉をビジネスに活かすお話です。

25私は自分を

==========================

私は自分を信じています

信じているからどんな問題ものりこえられる

神様は、「あなたが乗り越えられない

問題」は絶対に出しません。

だから、どんな問題も乗り越えられ

るようになっているんです。

安心して、「乗り越える方法」を考え

てください。すぐわかりますよ。

もし、すぐ思い浮かばなかったら、ほっ

とけばいいんです。時間が勝手に解決し

てくれますから。

結局、解決できない問題なんてない

んですよね。

==========================

ビジネスにおいて、一番大切なことは

『勘』

です。

自分で色々な経験の元からくる勘。
この勘が一番正しいのです。

しかし、理論で攻めている人もいますよね。

実は、ビジネスにおいて、一人では無理
必ず、一緒に仕事をしているパートナーなどがいると思います。

もし、自分が会社の社長を務めているなら社員がいると思います。

そのビジネスパートナーや社員に対して説明する際に
「ここでのビジネスの方向転換は私の勘です」
と言って、納得してそのままついていくということは
ほぼありません。

ビジネスパートナーや社員を納得させるために
理論が必要なのです。

理論があって、その結論が出たのではなく
勘によって結論がでて、その結論を他人に納得させるために
理論が必要なのです。

ですから、ビジネスにおいて大切なことは

『勘』

なのです。

そして、勘に頼る前提条件としては
自分自身を信じていなければ、自分の勘に頼ることはできません。

まずは、自分を信じるということが
ビジネスにとって大切なことなんです。

 - 仕事