斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

天職への転職

      2015/05/07

先日、転職活動をしておられる方が相談にきました。
転職活動に関する相談って、実は多いんですね。

この、転職活動に関する相談を受けた時には
一人さんの「仕事に呼ばれているんだよ」の話を必ずします。

一人さんはこう言っています。

========================
今から、簡単な、仕事の話をします。
前にも話してるんですけどね、仕事って、
私の向いてる仕事って何でしょう?とか、
天職ってなんでしょう?っていうんだけど、
それはあなたが仕事を選ぶと思ってるから云えることで、
本当は仕事の方に呼ばれるんです。

で、そこであなたは何をするか。
だから、鍛冶屋さんなら鍛冶屋さんの使命がある。
八百屋さんなら八百屋さん、
お百姓さんならお百姓さんの使命があるんだよ?

自分はお百姓だから、いい野菜作るんだとかね、
八百屋さんだったら、お肉ばっかり食べ過ぎてるといけないから、
野菜を作って健康になって欲しいんだと。
本来は使命感がある。

で、使命感があればこそ、今度、こういうお料理いかがですか?とか、
どんな風にして食べさせたいとかっていうね、
使命感があるんだよっていうことなの。

だから、その人間というのは、
使命を持たなきゃいけないよ、っていうことなの。

それで、今、これからやる、塾やなんかで大っきい声出したりとかね、
使命がわかるように、これはうちのものを使ってもらいます。
で、うちのものを使っていってもらうんだけど、
最終的に、自分のところの使命が、もてるようにして、
自分で語れるようにして下さい。

それは、噴きあがるように言えるようになるから、そ
れはもう、何の心配もないからね。
それで、自分が一生懸命、使命を語れるようになってくる。
それで、自分がこの仕事をし、こういう風な目的を持って
歩くんだ、って言って、歩いてった先。
それが神様と約束してた場所、それを『約束の地』

で、この『約束の地』に向かって歩いてるだけで、人は元気で、ものすごく明るくなっちゃう。
幸せになっちゃうのね。

CD『約束の地』
========================

人は皆、自分で仕事を選んでいるように思っていますので
一人さんの「仕事に選ばれている」の発想は、非常に新鮮な気持ちになります。

最初はあまりよくないと思っていても、その仕事をやってみたら
思った以上に良かったり、
逆に、よい仕事かと思ってやってみたら、実際には
あまり良い仕事ではなかったり・・・

「良い仕事じゃなかったとしても、それは呼ばれているんですか?」
なんて質問を受けますが、その通りなんです。

良い仕事じゃなくて辞めてしまったとしても、
今後仕事をしていくうえで、経験しておいた方がいい仕事でしたので
その仕事にかかわったのですね。

また、転職活動して中々次の職場が決まらなくても
「本当に自分にあった職場、自分の経験上必要な職場が他にあり
その職場にいくために、今回落ちたんだ」と思えばいいのです。

そう考えていくと、失敗なんてないんですね。

結局のところ、「仕事に呼ばれている」という感覚で
転職活動ができるかどうかですね。

 - 仕事