斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

冷えは万病のもと

   

「冷え」は女性の悩みの代表格のように思われがちですが
最近では中高齢者を中心に男性や子供にも増えているようです。

手足が冷たい、腰が冷えるなど「冷え」の部分や程度は人によって様々です。

その人にとって、それが不快な冷たさを感じるようであれば
「冷え症」と言えます。
また。体の表面は温かくてもお腹の中など体の深部が冷えている人も少なくありません。

最近よく言われる「低体温」がこれに当たり、人の場合「36℃以下」しか
体温がない状態の事です。

冷えると血の巡りが悪くなります。
血は全身を巡っていますので、その巡りが悪くなると
免疫力の低下や新陳代謝なども低下して
結果として病気になりやすいと言われています。

ですから、「冷え」の予防・改善は「病気」を予防することとも言えるのです。

漢方医学では「気・血・水」という考え方があり
「冷え」は、体内で熱を作る機能が落ちている状態だと考えられます。

気(エネルギー)の不足⇒エネルギー不足で熱がうまれにくい状態

血が滞る⇒血の流れが滞り、熱が運ばれにくい状態

水分がたまる(水毒)⇒体内にたまった余分な水分が上手く排出できず、
たまったところに冷えが出ている状態

漢方では「冷え」→「水毒症」といわれるほどで、
「冷え」「水」「痛み」には密接な関係があるようです。

体が冷えると「病気」の一因となるので
私たちの体は体内の余分な水分を体外に排出して
体を温めようとする働きがあります。
病気の諸症状は、体内の余分な水分を捨てて
体を温め、病気を治そうとする反応と考えられます。

【冷・水・痛の例】
寝冷え⇒下痢⇒お腹が痛む
足腰を冷やす⇒足腰が痛む⇒膝に水がたまる
雨が降る⇒頭痛がする
冷房の中に長時間いる⇒全身が冷える⇒頭痛や腰痛
体が冷える⇒風邪をひく⇒鼻水

【体温が下がると現れる症状】
36.5℃⇒健康体・免疫力旺盛
36.2℃⇒妊娠できにくくなる体温
36.0℃⇒ふるえることによって熱生産を増加
35.5℃⇒アレルギー症状が出る、自律神経失調症がでる
35.0℃⇒がん細胞が最も増殖する温度
34.0℃⇒おぼれた人の命が回復できるぎりぎりの体温
33.0℃⇒冬山で遭難し、凍死する前に幻覚が出る体温
30.0℃⇒意識喪失
29.0℃⇒瞳孔拡大
27℃以下⇒死体

人も動物も、すべて「熱」によって動いています。
だから冷えると体の代謝機能が低下して老廃物が多量に作られ
様々な病気の原因になります

人間は体内温度37℃が維持されることで体の新陳代謝が円滑に行われます。
新陳代謝は生命維持に欠かせないため、真の免疫力と言われるほどです。

体温が1℃下がるだけでも、免疫力が30%もダウンし
反対に1℃上がることで免疫力は2~5倍にも高まると考えられています。

そして、『未来の青汁パ二ウツ元気』は体を温める効果もあるのです。

『未来の青汁パ二ウツ元気』は、脳に栄養を与えるということを基本にした健康食品です。

人の体はすべて、脳からの信号によって動いています。

そこで脳から正しい指令を出せるように脳に栄養を与えるサプリメントが
この、『未来の青汁パ二ウツ元気』なのです。

正しい栄養が脳に届いていないことによって
頭痛などが発生したりします。

『未来の青汁 ウルトラパ二ウツ元気』
を飲まれた方の感想になります。

=======
体温があがりました。

自分は初めは必要がない商品だと思っていました。

でも最近「なんとなく疲れがとれない」と思って
体温を測ってみたら35℃になっていてビックリ!!
娘に相談したら『未来の青汁パ二ウツ元気』を勧められました。

飲み始めてから1か月後には、体温が常に36℃~36.5℃になっていて
体調もよいし本当にありがたいです(60代女性)

※これらの体験は個人の感想で効果効能をうたったものではありません
=======

paniutsu2

真の健康を「脳」から考えた、サプリメントの新しいカタチ
『未来の青汁 ウルトラパ二ウツ元気』
内容量40g 約100粒 5,000円(税別)

 - 健康