斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

健康維持には腸の健康

      2015/05/07

「健康な体を維持するにはどうすればいいのですか?」という質問をよく聞きます。

銀座まるかんでいう健康は、万病一元論です。

一人さんはこう言っています。

========================
漢方の方では、どんなに新鮮でいい食べ物を食べたとしても、
腸の中が汚れていれば腐ったものを食べたのと同じで、
その汚れと一緒に栄養を吸収してしまうということなんです。

だから、腸の中をきれいにしなきゃいけないんですね。
もちろん、食事のバランスをとるっていうことも大切なんです。
だけど、腸の中をきれいにしていかなきゃいけないよ、
っていうのが漢方的な考え方で、
宿便をとるとか古便をとるとかっていう言い方なんだけど、
ダイエット青汁っていうものを開発したときに、
やっと皆さんに喜んでもらえるものができたと思ったんです。

血液をきれいにするには、腸をきれいにすればいいんですね。

CD『腸楽しい万病一元論』
========================

最近は食生活が豊かになり、各コクの食物が手に入るようになったため
国本来の食生活が変化して、乱れてきています。

食生活の違いは、体のつくりにも影響します。
昔ながらの食生活を変えると、体が対応できなくなり
最後には体を壊してしまいます。

例えば、肉食の人が穀物菜食にすると
腸が短いので消化吸収できないまま外へ・・・
穀物菜食の人が肉食にすると
動物タンパクが長い腸の中で腐りやすくなって
悪玉菌の巣になってしまいます。
そうなると、腸は毒素ごと栄養を吸収しなくてはならなくなります。

小腸で約10%の栄養が吸収されます。
悪玉菌が多いと、悪玉菌が出した毒素ごと
栄養が吸収され血液は濁って汚くなり
体の不調の原因になります。

また。肝臓や腎臓も
吸収されたものを栄養と毒素に分け
毒を外に出す働きをしていますが
毒素が多すぎると
分解が追い付かなくて血液に毒素が混じってしまいます。

血をきれいにするには、まずは腸をキレイにすることが大切です。

乳酸菌(善玉菌)を増やして悪玉菌をやっつける

腸をキレイにすると、キレイな血液から栄養が全身へまわります

そして、栄養のバランスがよくなると、体全体が強くなり、
治癒力も高まるのです。

ですから、体を健康に導くには、腸をキレイにすることが大切なんです。

 - 健康