斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

上気元の修行とは

      2015/05/07

一人さんは『上気元の修行』と言っています

========================
人は上気元で生きるの。

今日はすごく美味しかったの。
でも俺、とんでもないマズい料理が出てきても上気元なの。
そんなことで気元を崩しちゃいけないの。

だから、日本中からひとりさんに会いに来る人がいるんだけど、
今日気元が悪かったり明日気元が悪かったりしたら、周りにいる人が大変なの。
ひとりさんと会って気元が悪いの見た人いないの。
だから、いつでもどこでもみんなが会いに来てくれるの。
嫌なことがあっても気元良くしてる修行なの。

この修行やるとスゴい楽しいの。
この世の中の最高のボランティアとは、気元良くしてることなの。
気元の悪いやつが居ると、周りが気を使うの。
自分の気元は自分でとるの。

人に気元とらしちゃダメなの。
自分の気元くらい自分でとって生きていくの。

『すべてがうまくいく上気元の魔法』
========================

一人さんは常に上気元でいるように言っていますが
「どうしたら常に上気元でいられるのですか」という質問が
よくあります。

一人さんは、「心コロコロ」と言っています。
つまり、心はコロコロ変わる。

いやなことがあったり、不快になったり
結局のところ、心をコントロールすることはできないのです。
ですから、「心も常に上気元」というのは無理なんです。

生きている以上、嫌なこともあります。

しかし、いくら機嫌が悪くても、表情や態度は作ることができるのです。

つまり、一人さんの言う「常に上気元」と言うのは
その人の心の中はどうでもよくて、
接する人には、常に上気元にするということなんです。

つまり、『常に上気元でいる方法』とは
心がどんな状態であれ、上気元を演じ続ける意思があるか
と、言うことなんです。

、『常に上気元でいる』のは、『方法』ではなくて、『意思』なんです。

 - 人間関係