斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

「自分は正しい」は争いを起こす

   

74年前の今日、1941年12月8日の真珠湾攻撃が発端で
日本の大東亜戦争が開戦いたしました。

その後1945年まで戦争が行われるのですが、
戦争が終了してからも、世界各地で戦争はおき
今現在でも、近くの北朝鮮で戦争が始まろうとしています。

戦争をしていない時は「戦争のない平和な世界を」と言っているのですが
何故戦争は起こるのでしょうか?

これは戦争だけではないのです。
日常に起こる争い事全般にも言える事なんです。

誰でも争い事には巻き込まれたくないと思いますよね
しかし、何故か巻き込まれてしまいますよね。

何故でしょうか?

争い事

実は、誰でもよくある考え方のひとつで
争いごとに巻きこまれやすい考え方があるんです。

それは「自分は正しい」なんです。

争いごとの原点は、お互いが「自分は正しい」を主張することなんですね。

戦争などの、国と国での争いになると
領土においてお互いが「この領土はうちの国のものだ」と「自分は正しい」と主張しあうことにより
戦争が起こります。

例えば北朝鮮問題も、アメリカは「核を持っていい国は決められているから北朝鮮はもつな」と
アメリカなりの正しい主張をして、北朝鮮も「アメリカが核を持っているなら、俺たちにも核を持たせて交渉させろ」と
北朝鮮なりの正しい主張をして、お互いが譲らないから、北朝鮮情勢も戦争目前まできているんですね。

日常起こる争い事も同じです。
通勤途中にぶつかってきた人が来て
「お前がぶつかってきたんだろ」ってお互いが正しい主張をぶつけてまげないから
争いになるんですよね。

よく、「自分は正しいことを言っている」と主張している人がいますが
それって褒められる話ではないんですよね。

自分は正しいを主張していても、意見の違う正しいを主張する人が現れたら
争いになるだけですから。
もしくは、相手が大人で折れてくれているだけかもしれません。
はたまた、折れたくないけど敵わないから折れただけかもしれません
仮にそうだとしたら、恨まれますよね。

争いの種をふりまいて、恨まれていたら
良い引き寄せなんてできるわけありません。

ですから「自分が正しい」と思う事は必要ですが
あえて主張しない方がいいのです。

そして、「自分が正しい」を主張してくる人がいたら
「そうですね」と軽く流して、距離を置けばいいのです。

だって、「自分は正しい」の主張が自分と違うということは
価値観が違うわけですから、あえて一緒にいる必要はないですよね。
だから、距離を置けばいいのです。

一人さんはこう言っています。

==========
、「どちらが楽しいんだろう」っていうことを考えたとき、必ず楽しいほうが成功するんです。
宗教戦争も、キリスト教が正しいとか、回教徒が正しいとかっつってると、戦争なっちゃうんです。
キリスト教のほうが楽しいんだとか、回教徒のほうが楽しいんだとか、楽しいやつがふたつ集まっても、
よかったねとか最後にはケンカになんないですから(笑)
どっちが正しい、ってはじめたとき、必ず戦争になります。
『最初で最後の講演会』より
========

また、『生成発展塾in九段下』では、このような一人さんの考えでのお勉強をすることができます。

是非、入塾をお待ちしております。

生成発展塾

 - 人間関係