斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

わがままな人への対処方法

   

本日は、
「もしこんな質問が来たらどう答えますか?」
という内容で回答をしていきます。

実際に質問が来たわけではないですが、
一般的に悩んでいる人が多い内容のことなどを
銀座まるかん名誉師範が、「一人さんの教えで解決するには?」の視点で
回答をしています。

また、実際にあった相談でも、内容的に個人が特定されてしまう場合には
質問の内容を少し変えた状態で回答しています。

そして今回の質問です。

<質問>

会社で我儘な人がいます。
どう対処すればいいですか?

わがまま

こちらは、よくある我儘系の悩みをベースに作った質問です。

斎藤一人さんの教えで回答するとこうなります。

==================================
<回答>

我儘とは、読んで字のごとく、『我』のまんまなんですね。

自分の我を押し通すことしか考えていないのです。

それに合わせていたらダメなんです。

人は学びですので、我儘なことを言っている人は
「我儘なことを言っているとどうなるのか」を経験したいんです。

我儘をしていると、人が離れていきますよね。
だから、我儘を言う人がいたら、距離をおいてあげればいいのです。

「我儘なことを言っているとどうなるのか」を経験させてあげればいいのです。
間違っても、我儘な人に合わせてはいけないのです。

一人さんはこう言っています。
========================
「我は神なり愛と光なり我は神なり愛と光なり」って言うとこう、身
体からサーッと力が抜けるんです。
力が抜けると、筋肉の硬直がとれると骨がまっすぐに、こうなるんです。
誰がやってもなるんです。
不思議でしょ?

「自分は神なんだ」っていうことを言うとね、身体がね、こう柔らかくなるんですよ。
ところが、自分ひとりで頑張んなきゃいけないだとか、要するに、自分にあんまりにも頼りすぎちゃって、自分が自分が、っていうのは『我』なんですよ。
我が我がの我が強くなってくると、脊髄に、まわりが出るんですよ。

だから、時々ね、「我は神なり愛と光なり」って何回か言うとね、おまじないじゃないんですけど、背骨がまっすぐになるおまじないだと思ってればいいんです。

『人類愛から宇宙愛へ』より
========================
我儘な人が身の回りにいたら、「我は神なり愛と光なり」と言って
我儘な人に合わせないようにしていけばいいのです

 - 人間関係