斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

薬は病気を治すのに体に悪いの?

   

今回は薬に関する質問についてです。
斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

ただ、内容的に個人が特定されてしまう場合には
質問の内容を少し変えたアレンジした状態で掲載しております。
そして今回の質問です。

<質問>
薬は病気を治していると思うのですが
一方では体に悪いとの話も聞きます。
病気を治すのに体に悪いのですか?

薬

<回答>

日本の人口は、世界からみると2%に満たない人口なのに
実は世界での薬の使用量は1割ぐらいって
知っていましたか?

どこかのホームページで、
「日本の人口は世界の2%に過ぎないのに、世界の薬の約40%は日本人が使う」
と話題になっていましたが、実はこの情報はソース元がハッキリしていないので
今回はこの情報は使用いたしません。

世界の医薬品市場規模は約80兆円で、日本の医薬品市場規模は約 7兆円

この情報ソースから考えると、
世界の薬の1割は日本で使用されていることになります。

4割ではなく1割だったとしても、決して少ない数字ではありません。

厚生労働省の出している外来患者の数を見ると
1年で6800万人と人口の半分以上の人が、
1年に一回医者に処方されている計算になります。

そして医者に処方された後には薬も処方されているわけです。

日本の医薬品市場規模の約7兆円から算出いたしますと
医者に処方してもらった患者が年間に10万円
薬代として使用している計算になります。

実際には保険がありますので、患者が出している金額はもっと少ないですが
これだけのお金が動くほど薬が流通しているのに
健康になっている人が増えていないというのが
おかしな話です。

実は、薬に頼らない人は本当に薬に頼らないんですね。
逆に薬に頼る人は、何かあるとすぐに薬に頼ります。

実は薬というのは、副作用があります。
ある症状で薬を飲んだとして、その症状がよくなっても
今度は飲んだ薬の副作用で、違う症状を誘発する可能性があるのです。
そしてまた医者に行く。
これをルーチンで繰り返す人が多いのです。

例えば風邪のウィルスが体に入ります。
体はこのウィルスを殺そうと熱を上げます。
しかし、熱が出たからと言って、薬で熱を下げますと
ウィルスは死にませんので、体はそのウィルスを
咳やくしゃみ、鼻水などで体内から出そうとします。

しかしここで、咳やくしゃみ、鼻水の症状を薬で止めてしまうと
やっぱりウィルスが外に出ていきません。

最終的に、抗生物質で菌を殺すことができますが
抗生物質は、悪い菌だけではなく、いい菌も殺してしまいます。

ですから、いい菌の作用によって緩和していた症状があった場合には
その症状が再発なんてこともあります。

このように、薬というのは体によくはないのです。

人間の体というのは、体に悪いものが入ってくると
それを退治するようにできております。

風邪などひいたときに一番大切なことは、
体を温めて、ゆっくり寝ることです。

体がウィルスと戦っている際に、体力が消耗します。
その消耗を妨げるために、体を休めてあげるのが一番いいのです。

========================

えー、私今風邪ひいてるの。
風邪ってね、風邪引くとまず足がだるくなんの。
なぜかってと、うろうろ出歩かれると治りが悪いから。
ちゃんとだるくなるようになってるの。

その次に寒気がするようになってんの。
ほんとは寒くねんだよ?
寒気がすると寒いと体が勝手に思いこんで熱出すの。

で、熱が出るとと免疫力が上がるの。
鼻水やなんか今出るよね。
これね、鼻ん中に入ってた菌やなんか洗い流すの。

免疫力が強ーくなって熱が出ると今度、体の中のバイ菌殺しちゃうの。
バイ菌殺すと今度、黄色い鼻になって出てくんの、最後になってくっと。死骸が出るの。

それだけじゃないの。
人間の体ってね、癌細胞やなんかってね1日に何百って出てるの。
勝手に殺しちゃうの。
で、殺しきれなってくると風邪ひくの。

風邪ひいて熱がでると、癌細胞やなんかって殺しちゃうの。
うまくできてるの。

人間の体って切るでしょ?
っとね、まず雑菌を洗い流す道が流れる。
雑菌が流れ終わるとここにかさぶたができるの。
で、遮断するの。その間に中で治すと。
治し終わると今度かさぶたが剥がれて元へ戻るって。

神が作ったものって絶対なの。
間違いができないの。

偏頭痛なんですとかっていうけど、頭痛が病気だと思ってるの。
あれ、勝手に緊張するの、自分が。
すと首が凝っちゃうの。

その緊張が取れると、脳へ血がいくの。その時血管が広がるの。
広がると、痛いの。
痛いからっつて痛み止めって血管を縮めるの。

えーリウマチですとかって、腫れるの。
腫れるとそこへ血がいくの。
血がいくと死骸をずーっと集めて排除するの。

腫れてるってそういう状態なの。
痛いっつのは血管が広がってるの。
それを簡単に言うと、痛み止めやなんかで血管を細くしちゃうの。

わかる?

だから、病気が何年も続くんですっつのは、本来言うと考え方変えて、食べ物変えて…
少しずつ良くなってきたら薬減らしてかなきゃいけないの。

だって人間の体って薬でできてるもんなんてないんだよ?
だから本来は人間なんかそんなに病気なんか長く続くようなものじゃないの。

『病の理由』
========================

 - 健康