斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

最近病名が増えていませんか?

   

最近、病名が増えていると思いませんか?
広告などによく出てくる聞きなれない名前の単語を調べると
実は病名だったなんてことありませんか?

『ADHD』『ED』『新型うつ』など、
これらは、最近広告などでよく見かける病名ですよね。

うつ

この増えていく病名について、一人さんはこう言っています。

========================

今、病名もどんどんどんどん、こう増えちゃってて、無限に病気が広がっていってるんだけど、それは間違いが広がっているってことで、答えは常に1個なんだっていうことで、そのこの答えの話をします。

で、病気の原因は何か?

万病は一元……一元ってのは、ひとつの元であるっていうこととをね、医学の祖であるヒポクラテスっていう方が言ったんですけど、その人に言わせると、万病は血液なんだ、と。

血液がキレイなら、正常な血液が流れば正常な細胞が出来る。
で、正常な細胞ができりゃ正常な身体が出来る。

だから『一心にしてこれ血液なんである』っていう話をしたんだよね。

ところが、漢方の方でも万病一元論というのがあって、一つの原因だって言われてるの。
で、その一つの原因ってのはなんですか?っていったとき、それは腸の汚れである、と。
ヒポクラテスが言ってる、血液であるって言うんだけど、血液がなんで汚れるかっていうと、食事であるって考えだったんだよね。

でも漢方の方では、万病は一元でどんなにいい食べ物を食べても、腸が汚れてては、汚れたものと一緒に吸収しまうんだ。だから、腸の中をきれいにしなきゃいけない。
もちろん、食事のバランスをとるってことも大切なんだよ?

だけど、腸の中をきれいにしていかなきゃいけないよ、っていうのが漢方的な考え方

『腸楽しい万病一元論』
========================

結局のところ、血液であり、腸なんですよね。

体に良いものを食べて、規則正しい生活をしていれば
健康体ではいられるのですが、
夜更かしや過労働などによる睡眠不足や
不規則な飲食により、体内の臓器に負担はかかっています。

そして規則正しい生活をしていても
食べるものが悪いと、健康に害を与えてしまいます。

普段食べているものでも、添加物や防腐剤などが入っていたりして
体に悪い食べ物などが、スーパーやコンビニなどで当たり前に販売されているのです。

例えば、コンビニのおでん。
普通おでんなどの煮物は、汁を含むと沈むはずなのですが
コンビニのおでんは何故か浮いている。
そして長い間煮込まれているはずなのに煮崩れしない。
不思議なんですよね。

また、自宅でお米のご飯を出しっぱなしにしておくと
お米はカピカピになってしまいますのに
何時間おいてもお米がカピカピにならないお弁当ってありますよね。

そういった不思議なことが、身の回りの食で多々起こっているのですが
当たり前のように食してしまっていますよね。

実は、こうやって気が付かないうちに、体に良くないものを
摂り続けているのです。

ビジネスにしても、何をやるにしても
健康であるということが第一条件になります。

世の中は、次々に新しい病名を作って
病気に当てはめようとしております。

そこにはまらないためにも、食べるものをしっかりして
健康でいたいですね。

 - 健康