斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

目の疲れをとるために

   

テーマは『目』です。

目は、光を受容する感覚器であり、光の情報は眼で受容され、
中枢神経系の働きによって視覚が生じています。

目は物を見るときに、カメラのレンズのような働きをする水晶体を調節しながら、
ピントを合わせてていきます。
この水晶体を調節するのが毛様体筋という筋肉で、水晶体を引っ張ったり緩めたりしています。
長時間のパソコン作業のように近くのモノをじっと見るような場合には、
毛様体筋はずっと緊張していることになり、筋肉疲労を起こしてしまいます。
老眼の場合は、ピント調節力が老化で弱まり、近くが見づらくなります。
これを放置したまま無理して近くを見続けると、目が疲れやすくなります。

また、正常な目の表面は涙に覆われていて滑らかですが、
目が乾いていると涙が少ないために表面がでこぼこします。
すると、通常であればピントが合っている状態でもぼやけてしまいます。
ただし、私たちの脳はなんとかピントを合わせようと無理に筋肉を動かして調節するので、
通常よりも調節機能を酷使することになり、疲れが生じるのです。

さらに、長時間の作業で休憩をとらなかったり睡眠不足だったりすると、
目を構成している細胞に必要な栄養や酸素が不足しがちになります。
すると細胞の代謝が低下し、疲労を回復しづらくなるという悪循環に陥ってしまいます。

1日8時間以上パソコンなどの仕事をされている方は
眼精疲労や肩こりなどとともに、「冷え」に悩むケースが多く見られます。
“肩こり”と同じように、“冷え”“むくみ”は血液循環の低下関連があるようです。

「冷え性」を改善するには、「肩こり」などと同様に、全身の血液循環を促すことが必要です。

長時間のパソコン作業による眼精疲労、肩こり、冷えに共通して伴うのは
局所的な血液循環の低下であり、眼精疲労、肩こり、冷えを別々の症状というより、
循環症候群として一体的にとらえ、アイケアやエクササイズなどを仕事の合間にとり入れて
複合的に対処することを心掛けましょう。

そのためパソコンに1時間向かったら10~15分離れることがすすめられますが、
その時間を使って、目薬をさすなどのアイケアとともに「目の疲れをほぐすストレッチ」をされるとよいでしょう。

そんな疲れ目を癒す方法として
足の人差し指と中指を揉んだりひっぱたりすのは
いいと思います。

ここは目の反射区になります。

目

また
眼精疲労のお客様にとって、銀座まるかんのおすすめ商品は
『JOKAホワイトスリム美容キコウサプリメント』です。

ホワイトスリム

ホワイトスリムの主な成分だけをみても

1、酵母エキス末

これは、目に良い、肌にも肝臓にも良い!

2、リンゴンベリーエキス(コケモモの一種)

ポリフェノール、ビタミンE、レスベラトロール(若返り成分)も入っている。

だから、抗酸化作用、&若返り、血液の流れを良くする。

3、ウーロン茶エキス

脂肪を分解、黒色メラニン色素を抑えてくれる!!

4、シルク加水分解物

人の持っているアミノ酸で、保水成分。気の詰まりをとってくれて、目や肌に良い!!

と、言うことで、目にもよくて、結構の流れを促進するんです。

ホワイトサプリを飲んだお客様の声です。

=======
・・メガネをたくさん持っているほど視力が悪かったのですが、

これを飲んだら、ある日

眼が突然良くなって、目医者さんに検査に行ったら

・・・『もう、メガネは要りませんね~!!』

と、言われました。

※これらの体験は個人の感想で効果効能をうたったものではありません
=======

内容量 69.75g(250mg×279粒)
定価10,000円(税別)

 - 健康