斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

病気の因果

   

一人さんは、病気は栄養と考え方だよと言っています。

その考え方について今回は書きます。

========================
想いとか考え方とか、それから病気になる因果ってのがあるんです。
信じなくてもいいですよ。
因果はね、当人が思い当たらなければ因果じゃないです。
でも、因果の場合は、パッと思いつくんです。ほんとにそうだって。
そうすると、それをやめて、うちの青汁酢でも飲みな、って。
血がキレイなって、考え方変わったら、だって、
だって人間って肉体と魂しかないんだから、
この2つが変わったら絶対に変わっちゃうんだよって。

『2007年04月14日 アクトシティ浜松講演』
========================

一人さんは、考え方によって
病気や体の痛みが出るんだよと教えてくれています。

一人さんが色々なお話とかで言ってくれていることを
ざっとまとめるとこんな感じです。

肥満 自分を責める
頭が痛い 目上の人との人間関係
首が痛い 人間関係
喉が痛い 言いたい事を言えていない
胸が苦しくなる 人に厳しい・自分に厳しい
胃が痛い 食べ物に対する感謝がない
便秘 古いものを捨てられない
下痢 早く仕事する
手が痛い 評価されているのに評価されていないと思う
肩が凝る 人の重荷を背負う
膝が痛い 頑固・柔軟性がない
腰が痛い 目下の人との人間関係
背骨が痛い 支えがない
心臓 人に厳しい・自分に厳しい
肺 心配事を抱えている
事故に会う 自己責任ないのに自分を責める
怪我する 自己責任ないのに自分を責める
腹が出る 感情を押し殺す
腕が痛い 断れない・利用されている
関節が痛い 昔の考えが変えられない
癌 頑張りすぎ

何か心当たりありますか?

もし心当たりがあるようでしたら、
考えや行動を変えてみるだけでもかわるかもしれませんね

 - 健康