斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

見抜くチカラ

   

一人さんはこう言っています。
========================
一番いいのは、面白く自分のためになる話をしてくれたら、
大概は聞いてくれるんだよ。
わかるかな。

チーフに合わせたり、そういうクセつけてくと、
グルっとこうやって見渡すと、この人たちどんなデザインが
好きだろうってわかようになる。

嫌だと言う前に、自分の会社で上司がいたりすると、
この上司が好きなことは何だろう?と
一瞬のうちに見抜くゲームなの。

それを、ヤダってしているの。
何か上司におべっか使ってるみたいで嫌だという人いるの。
それは、そうじゃないよ。

上司のことが分かるなら同僚のことも分かるんだよね。
部下が喜ぶことだって分かるんだよね。

誰にでもみんなが喜ぶことをすりゃいいって、
上にばっかし喜ぶことをしてっから、
性格悪いって言われんだよな、って。

でも、見抜く訓練だと思てりゃ、上はこう言えば喜ぶし、
横は、下はこう言えば喜ぶ。
なんでもコツじゃない。
魚釣りでも鯛るときとフナ釣るときと違うじゃん。
だけど、おしなべて言えることは、大概が自分の好きじゃないことだよな。
わかる?

『デキる人の見抜く力』
========================

仕事をしていくうえで、一番大切なことは
人を見抜いていくチカラだと思います。

信用できない人の特徴になります。

□ 営業トーク風に、調子よく話す
□ いいことしか言わない
□ ホメ方がおおげさ
□ やたらとニコニコする
□ よくしゃべる
□ 自慢話が多い
□ 他社の悪口を言う
□ 損得に敏感
□ 企業トップや有力な人との親密な関係を強調する。
  たとえば「おたくの社長とは古い付き合いでね」など
□ 初対面にもかかわらずため口をきく
□ 名刺の肩書がやたらとおおげさ
□ 名刺の名前が、太字で行書体など、派手な感じ
□ すぐにトップに会わせるように要求する
□ 対人距離の取り方が普通の人と違っている
  (たいていは親しさを強調するために、近づこうとする)
□ 部屋への入り方が、ずかずかと無遠慮な感じ
□ 電話で早口で話す
□ 電話で話をするとき、決まり文句が多く、何か文章を読み上げている感じがある
□ 電話でも、対面でも、話に具体性が乏しい
□ 笑うとき、目が笑っていない
□ 人によって態度を変える
  (たとえば、同行した部下には偉そうな態度をとり、面談相手には卑屈な態度をとる)
□ 電話で話をしているとき、相手の周囲でたくさんの人が電話をかけている声が聞こえる
  (セールスの電話が多い)
□ 履いている靴が汚れている
  (乱れた生活をしていると身なりが荒れる。靴が汚れている場合、かなりの確率で精神的にも追い込まれた状態にある)

こうゆう人って気をつけたほうがいいですよね

 - 仕事