斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

凶悪な殺人事件がありましたが、不安はいけないよ

   

先日、凶悪な殺人事件がありましたね。
このような事件があると不安になりますよね。

そんな事件についての質問です
斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

質問
最近、凶悪な事件が多いので、子供が一人で塾に通わせるのが心配

殺人

回答

まず、現在日本での犯罪の数はご存知ですか?

軽犯罪も全部含めると、一年で百万件あるんですね。
そんなに多いのかと思うのですが、人口比から考えてみては如何でしょうか?

現在日本の人口が一億人と計算すると、実はこれらの事件に巻き込まれる可能性は
100分の1なのです。
一年での確率になりますので、
単純に100年生きたら、1回なにかしらの事件に巻き込まれる計算になります。

しかし、一年で百万件は軽犯罪も含めてですからね
百年生きて一回巻きこまれるレベルなんです。

ちなみに、殺人事件は、年間で1000件っも起こっていないのです。
これを同じ方法で確率を計算すると、
100年生きても、殺人事件に巻き込まれる可能性は1%なんです。

つまり、そのくらい確率の低い話なんですよ。

だから、「事件に巻き込まれたら」とか、
「殺されたら」なんて不安の観念を持っていてはいけないのです。
一人さんは、こう言っています。

==========
人間ほっとくとね、愚痴言いたくなったり、泣き言いいたくなったりするけどね、
いつの時代を見てもね、100年前より今の方がいいし、200年前より今のがいい。
縄文時代なんか人間、30で死んでたからね。
寿命が30年しかなかったんだよね。

それから思うと、どんどんどんどん良くなってんだよね。
ホントに良くなってるのに、未来を心配するっていうのはホントはおかしいんだよね。
今まで事実とか、楽しいことを全部駆使すれば、
ホントに私たちは豊かに生きれるんだよね、精神的にね。
そのことを思ったら先に不安を感じる必要ってないよ。
========

人間はどんどん良くなっているので、
ニュースなどをみて、不安に思ってはいけないのです。

明るく楽しく生きていれば、事件事故なんて巻き込まれません。
だって、普通にしていて100分の1なんですから、
明るく楽しく生きていたら、もっと巻き込まれる確率は減るからです。

ですから、天国言葉(愛しています、ついてる、うれしい、楽しい、感謝しています。幸せ、ありがとう。ゆるします)を
常に言って、明るい気持ちでいる事が大切なんです。

また、『生成発展塾in九段下』では、このような一人さんの考えでのお勉強をすることができます。

是非、入塾をお待ちしております。

生成発展塾

 - 幸せ