斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

愛と光と忍耐とは?

   

一人さんの言葉についての質問です
斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

質問
ひとりさんのお話をYouTubeなどできいていると
『愛と光と忍耐』と言う言葉がよくでてきます。
『愛と光と忍耐』とはどうゆう意味ですか?

回答

一人さんは、『愛と光』は神の領域と言っています。
逆に悪魔の領域は『闇』と言っています。
神は『愛と光』なので、自分の心が『愛と光』の領域にいると
神と波長が合うので、人間知では考えられないようなこと(奇跡)も起こるのです。
この二つの違い、『愛と光』『闇』を言葉でいうのは簡単ですが、実際に日常生活に当てはめると、はどんな話になるのでしょうか?

それをわかりやすく説明できる一人さん言葉が、『天国言葉』と『地獄言葉』です。
『天国言葉』とは「愛してます」「ついてる」「うれしい」「楽しい」「感謝してます」
「しあわせ」「ありがとう」「ゆるします」の8つの言葉です。
そして『地獄言葉』とは、「恐れている」「ついてない」「不平不満」「愚痴・泣き言」
「悪口・文句」「心配事」「ゆるせない」です。

仮に嫌な事があっても、このような『天国言葉』を日常生活で使っていると、心も自然と明るくなるものですが、逆に『地獄言葉』を常に日常生活で使っている人は、常に考えが暗いのです。

つまり、『天国言葉』を使って明るい状態になっているときは、心の状態が『愛と光』の領域に入っているのですが、『地獄言葉』を使って暗い状態になっている時は『闇』の領域なのです。

しかし、口は『天国言葉』をとなえていても、心の奥底で人を恨んでいたり妬んでいるようでは、『愛と光』ではなく、『闇』の領域に居座ったままなのですね。
ですから、一番大切な事は、『天国言葉』を使うのはもちろんですが、気持ちも『天国言葉』と同じ気持ちを保っていないといけないのですね。

例えば、事故にあって怪我したとしても「死ななくてついてる」とか、人に嫌な事されても「過去に自分が人に対して嫌がることをやったのだな、これで業が解消した、よかった」と思えるかですね。
どんな現象が起こっても、このように『天国言葉』を言える気持ちを保っていられるというのが、常に『愛と光』の領域に自分を置くということなのです。
そしてこの、『天国言葉』を言える気持ちを保ち『愛と光』の領域に自分気持ちを忍耐強く保つ。
これが、『愛と光と忍耐です』なんです。

一人さんはこう言っています。

==========
1mの棒があると思って?
で、一番最初、こっちのね、右端が「愛と光」とするよな。
反対がし、対極が闇、「恐れと暗さ」なんだよ。
で、真ん中から向こうを「悪魔の領域」っつうんだよ。
恐れがちょっと軽くなったようなものが、「心配」なんだよ。
それで、真んなかからこっちの神の領域。
いいかい?

「愛と光」というものに、いつも心を忍耐強く置くんだよ。
忍耐とは、苦しいこと、悲しいことに耐えろと言ってるんじゃないんだよ。
俺、仕事をしてても、そんなに「忍耐強く」とか「辛抱して」とか、やったことないんだよ。
そのかわり、気持ちを暗いほうとか、俺のお弟子さんで、俺の機嫌とった人いないっつうんだよ。

何十年間も俺は、「愛と光」
要は、やさしくて、機嫌よくて、明るいところにいるんだよ。

CD「知らないと損する不思議な話」より
========

つまり、どんな嫌なことが起ころうが『天国言葉』を言える気持ちを保つことなのですが、大切ですが、それって中々できないものです。

ですから、まずは言葉からなんです。
思ってなくても、天国言葉を言い続けるのです。
「愛してます」「ついてる」「うれしい」「楽しい」「感謝してます」
「しあわせ」「ありがとう」「ゆるします」

そうすると、自然と『天国言葉』を言えるような気持ちになっていくのです。

「自分は変わりたい。天国言葉を言ってる。でも変わらない」という人がいましたら
言っている量が少ないのだと思います。

ある人は「ありがとうございますを1日1万回×100日つづけると人生が変わる」と言っている人もいれば、小林正観さんは、「年齢×1万回で最初の奇跡。年齢×2万回で次の奇跡。年齢×3万回でさらなる奇跡が起る」と言っています。

いきなり『天国言葉』1日1万回と言っても、初日達成せずに終わってしまいそうですので、まずはできる範囲で『天国言葉』1日100回からでも行動をしていくのがいいと思います。
そして、「天国言葉を1日100回言っているのに何も変わらないとおもったら、累計1万回を目指して回数を変えていけばよいと思います。

また、『生成発展塾in九段下』では、このような一人さんの考えでのお勉強をすることができます。

是非、入塾をお待ちしております。

生成発展塾

 - 一人論