斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

70年前に原爆が投下されました

      2015/08/15

本日は8月9日です。
70年前に、長崎に原爆が投下された日です。

被害にあわれた方には、ご冥福をお祈ります。

ひとりさんが、こんなことを言っていました。

========================
この世の中っていうのは、神様からの招待なんです。
私たちは招待されてるんです。
この人生を楽しみなさいって。
今日は青い空でしょう?ね?
花も咲いてる、きれいな空気もある、山もあるの。
すべてを楽しみなさいって。ね?

男の人は女性を見て恋をし、女性は 素敵な男性に恋をし、子供を作り…
全部を楽しむの。
楽しむように招待されてるんです。
それを、ささいな意見の食い違いくらいで、
原爆まで作ったり、大砲ぶっ飛ばしたり、してていいんですか?
神様は、空気も作り水も作り、みんな色んなものを作ったけど、
原爆を作ったのは人間です。

この世を地獄にするのも、極楽にするのも、
どっちが正しいか論をやっちゃいけないんです。
どっちが楽しいかなんです。
わかります?
どっちが楽しいかなんです。
それで考えて下さい。

『どっちが楽しい?~選択の基準』出版社名
========================

一人さんの考えは『正しいより楽しい』なんですね。

争いの始まりなんて、基本的には「俺は正しい」のぶつかり合いなんですね。

それが国同士になれば、戦争になるんですね。

よく、自分の言っていることが如何に正しいかということを
主張している人がいますが、正しいことを主張したからと言って
人が寄ってくるわけではないんですね。

例えば、交通違反をして、警察につかまって罰金を払えば
腹が立つと思います。

別の機会にその警察官とバッタリ会った時に
「あの時はお世話様でした」なんて言いますか?
言わないですよね。

基本的には「あのやろー」ですよね。

しかし、警察官も正しいことはやっているんですよね。

ですから、正しければ何やっても何言ってもいいわけではないんです。

頭の毛のない人に「はげ」と言えば
正しいことを言っていますが、嫌われます。

つまり、現在では、正しいことをその人に教えてあげる人はたくさんいます。

で、あれば、自分があえて嫌われてまで正しいことをいう必要はないん出すね。

何を言えばいいかというと、
それは楽しいことです。

楽しいところに人は集まってくるのです。

 - 幸せ