斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

できない仕事を与えられたらどうすればいいのですか?

   

斎藤一人さんの考えをベースにこう答えています
と、いう内容です。

ただ、内容的に個人が特定されてしまう場合には
質問の内容を少し変えたアレンジした状態で掲載しております。
そして今回の質問です。

<質問>

できない仕事を与えられたらどうすればいいのですか?

<回答>

基本的に「できない仕事」は与えられないとと思うんですね。

「できない」と「やらない」は違うんですね。

27やってやれないことはない

==========================
やってやれないことはない

やらずにできるわけがない

「やってやれないこと」って本当に無いんです。

なぜかと言うと、「あなたに起きる問題」は「あなたにできること」だからです。

誰もあなたに、「戦争の無い地球にしろ」とか、

「世界一のコンピューターをつくれ」とか言いませんよね?

それは、「あなたに起きる問題」ではないからです。

今「あなたに起きている問題」は、

あなたがやる気を出せばすべて乗り越えられる問題です。

やってみたらあまりに簡単に乗り越えられるので、

ビックリします。

そんなもんです。人生って!

==========================

仕事において、「できない」と「やらない」は違うんですよね。

よく、「できない」と言う人がいますが、
それは違うんですね。

本当に「できない」とは、「100メートルを5秒で走れ」とか
どんなに頑張ってもできないものを「できない」というんですね。

例えば「身の回りのものを整理してください」と言われて
「できない」と言う人がいますが、それは「できない」のではなくて
「やらない」なのです。

仮に、拳銃を突きつけられて、
「1時間以内に身の回りのものを整理してください。できなければ射殺です」と
言われたら、すぐにやりますよね。

やればできるのです。

つまり、やればできる仕事をやらないのは
「できない」ではなくて「やらない」なんですね。

 - 仕事