斎藤一人さんの銀座まるかん名誉師範からの直接カウンセリング相談事例

Just another WordPress site

*

失敗でも、その時には最高の決断だった

   

========================
失敗しちゃうこともあるじゃない?

ダルマさんて、すぐ起き上がるでしょ?
自分の言い方ちょっと研究しような、とかね。
ちょっと、この言い方変えようとか、つって
すぐ起き上がるの。

それで、起き上がって、みんなにまた挑戦するの。
わかりますか?
だから、ダルマのように、
コロッ、ころっと何回も倒れても、
100回倒れたら、100回起き上がるの。

『ひとり斎藤のすべらない話』
========================

人は失敗などすると、落ち込んでしまう人って多いですよね。

落ち込む
しかしよく考えてみて下さい。

何かチャレンジをするときに、その時の自分にとって最高の決断をしているんですよね。

例えば、30歳の人が何かチャレンジして失敗をしたとします。
しかし、それをチャレンジした時には、
その人は30年分の経験と知識をもとに判断した中で
これが最高だと思った決断のもとにチェレンジしているんですよね。

しかし、失敗をしてしまった。

失敗した後に、ああすればよかったとか
クヨクヨと悩む方は多いのですが、
その、「ああすればよかった」が思い浮かばなかったかから失敗したわけなんでう。
30年の経験と知識をもってしても、その「ああすればよかった」が
思い浮かばなかったのです。

でも、今同じことがおきれば、その「ああすればよかった」が実践できるのです。
つまり、その失敗した時とくらべて、その「ああすればよかった」と
思える分、成長しているのです。

ですから、失敗を思い出してクヨクヨする前に
成長している自分に対して「自分はすごいんだ」と思うこと.

そしてその失敗も、その時の最高の決断だったわけですから
「その時の最高の決断だったんだからしょうがない」と割り切って
後悔しないことが一番なんですね。

失敗を思い出してクヨクヨしていても、
気持ちが暗くなってしまうだけです。

それより、気持ちを切り替えて
「自分はすごいんだ」に持っていければ、
明るい方向へ気分を持っていけるんですね。

ですから、失敗したときも

「その時には最高の決断だったからしょうがない」

と思うことが大切なんですね。

 - 仕事